英作文で英会話は上達するのか?アメリカに来て確信した勉強法とは。

こんにちは、タピオカです。

今日は、
英作文をすれば英会話は上達するのか、について考えたいと思います。

 

英会話をする時、こんな経験はないでしょうか?

  • 頭の中で英作文をしている間に、相手が話し始めてしまった
  • 英作文をしてみたけど、文法が正しいか不安で口から出てこなかった

 

日本語から英語の変換をしていると、どうしても時間がかかってしまいます。

 

結論から言うと、
英作文をして英会話を上達させようというのは、半分正解で、半分不正解です。わたしは、リスニングを通して英語を勉強する大切さを、アメリカに来て確信しました。

 

 

 

ネイティブスピーカーは、既にあるかんたんな文章を何個も並べて会話をしているんです。

 

最短で英会話を習得する方法を、わたしが、英作文から始めて、失敗した経験も踏まえて、ご紹介したいと思います。

 

 

英作文は遠回り?

わたしは大学生の時に、短期留学しました。

半年間だけですが。

行先は、オーストラリアのブリスベンという町です。

 

当時、英検4級を持っていましたが、対して英語は話せませんでした。

 

Hello, how are you ? くらいなら言えるけど、二言目が出てこない、そんなレベル。

 

現地の語学学校に通っていましたが、
なかなか上達しません。

 

そこで、思いついたのが、日本語から英作文をして、英会話をしようということでした。

 

 

その時に調べていた内容は、「めんどくさい」という日本語でした。辞書を使って必死に作った英作文が、

 

That is troublesome. ” という英作文。

 

そして、
いざ使ってみると…

 

全く通じない…。

それには、2つの理由がありました。

 

 

一つ目は、この文章は普通の英会話では使われない、ということ、2つ目は、発音が全然できていない、ということでした。

 

 

リスニングは、これら2つを同時に解決してくれます。

 

 

ちなみに、「めんどくさい」は、 ”Pain in the neck.” だけで通じます。

 

 

いろんな英作文をして、自分の中で英会話の表現をためていたつもりだったので、通じなかった時はめっちゃ悲しかったですね。

 

何だよ、いっぱい準備してたのに、って感じ。

 

 

通じないから、楽しくない、勉強が続かない、という悪循環におちいりました。

 

しかし、
ネイティブの発音が分からないから、話せないんだと感じ、
携帯ラジオを聞いてリスニングを始めたんです。

 

そして、ある日、
ラジオでふと聞いたフレーズを、口にしてみたら通じたんです。

 

めっちゃ嬉しかったですね

そこで、わたしは確信しました。

 

 

リスニングでネイティブが使っている表現を理解し、そのまま使うのが、英会話をマスターする最短経路だ、ということを。

 

 

リスニングして、話して、通じて楽しい、っていうサイクルが回り始めると最強ですね。

 

 

英作文 が 英会話の上達に遠回りな理由

英作文が、なぜ英会話の上達に遠回りなのかを考えてみます。

 

英作文をしようが、結局はリスニングに行きつく

例えば、英作文から始めるとこんな流れになります。

  1. 英作文をしてみる
  2. 使ってみると通じない
  3. ネイティブの発音を確認する
  4. 確認した発音を使ってみる

なので、上記ステップの3,4だけやればいいんですね。

 

 

聞いたことをそのまま出す。
それが、最短です。

 

 

おすすめは、ディズニー映画のリスニングですね。

 

英語の表現はシンプルだし、字幕もあるので、英語を確認しながら勉強できます。

NHK の英語番組も良いですね。
毎回、1フレーズに特化して教えてくれます。

 

あと、NHKで特集していた、「S CLUB 7 」というイギリスのドラマはとても役に立ちました。難しすぎない音源を選ぶのが大切ですね。

 

 

文章校正が複雑になる

日本語をそのまま英作文に変えようとすると、表現が複雑になります。そして、かなりの確率でネイティブが使わない表現だから、通じないんです。

 

例えば、
「花火は遠いビーチで開催されているから、車で乗せていこうか?」
を英語に変えたとします。

英作文でやってしまうと、こんな感じに英訳する癖がつきます。

The fireworks is held near the beach where is very far away. Do you want me drive there?  

 

これが、ネイティブの使う表現だと、こうなります。

The fireworks is on near the beach. Wanna lift ?

 

 

シンプルにネイティブが使う英会話をそのまま真似る、これが最短です。

 

 

~ is on ” は~が開催中という表現で、 “Wanna lift ?“は “Do you want a lift ?“を省略した形で、車で送ろうか?という表現になります。

こういう表現は、英作文をしていても、なかなか学べないですね。

 

これらは、めっちゃ使いますね。

 

 

英作文をしても結局はリスニングを避けて通れない

英作文の教材を良く読むと、こんな注意書きがあります。

 

英作文の練習で覚えた単語や文法は、アウトプットする機会が必要です。英会話をする機会を設けて、実践で使える表現を身に付けていきましょう。

 

英作文は、ゴルフで言うと素振りとか打ちっぱなし、慣れたらコースで練習するために、声に出していきましょう。

 

他の教材でも、英作文だけでは最終的に話せる様にはならないと認めているんですね。

 

 

英作文を英会話に取り入れた例

英作文を取り入れた英語と、ネイティブが使う英語を比較してみます。

 

例えば、
「ご馳走があるから、お腹を空かしてきてね」を英作文したとすると、こんな感じになると思います。

” Please come home when you are hungry because we will prepare feast for you. ”

 

これを、ネイティブが使う英会話にするとこうなります。

We have feast. Come hungry.

 

めっちゃシンプルですね。

ネイティブの会話を習得できると、英会話の上達は飛躍的に早くなるんです。

 

 

英会話を上達させるにはリスニングが最強な理由2つ

英会話をマスターするには、リスニングから始めるのが間違いなく最短です。

 

英会話に取り組むハードルが下がり、結果勉強が続く

英語の勉強がなかなか始めれない時って、ありますよね。

そんな時は、リスニングから始めれば、すべて解決です。

 

気分が乗らなくても、リスニングを始めると気持ちが乗ってきます。

 

 

リスニングとスピーキングは深い関係がある

リスニングとスピーキングは深い関係があります。

逆に、ライティングはリーディングと関係があるんです。

 

なので、英会話を伸ばしたいなら、リスニングを伸ばすのが近道、ということです。

 

” I’m interested in football. ” という文章を、どれだけ眺めても口からは出ないです。

耳から聞いて、始めて口から出る、ということです。

 

 

脳の五感を刺激するから記憶に残る

聞いて、話す、通じて嬉しいというサイクルで学ぶと脳が刺激され、記憶に残りやすいんですね。

 

五感を刺激する英会話アプリだと、スタディサプリがおすすめですね。

全ての英語トレーニングが、スマホだけで出来ます。

1週間の無料体験だけでも、十分勉強になりますよ。

 

 

リスニングから英会話を学ぶ手順は、以下の通りになります。

  1. ネイティブの英会話フレーズを聴く
  2. フレーズの意味を理解する(スペルは確認不要)
  3. 実際に使ってみる
  4. 通じるから嬉しい
  5. 嬉しいから、また勉強してみたくなる

 

このサイクルで勉強できる様になると、英会話の上達はめちゃくちゃ早くなりますね。

 

あと、この勉強方法には、さらなる効果があるんです。

 

「自分の性格も変わってくる」ということ。

英語は楽しい!という気持ちで勉強をするので、前向きな性格が入ってくるのです

 

わたしは昔、
内向的で控え目な性格でした。日本語でも議論はあまり得意な方ではなかったんですが、英語を習得して性格が変わったんです。

 

長年変えれなかった性格が「英語を習得すること」を通して変えることが出来て、本当に嬉しかったですね。

 

だから、
わたしは英語が大好きなんです。

 

一時は諦めかけたこともあったんですが、英語を勉強し続けて、良かったです。

つまり、、、
英会話を習得することが出来て、長年変えれなかった内向的な性格が変わったし、家族からも頼られる父親になることが出来て、良かった、ということです。

 

さらに、
会社に英語を認められて海外赴任することができ、人生も変わりました。だから、英語を話すのが大好きなんです!

終わりっ!

------------------------------------
僕は、
15年間、普通のサラリーマンでしたが、
突然、アメリカ駐在となりました。

昔は、
カフェで注文もできず、
女の子に助けてもらうくらい英語を話せませんでしたが、

独学で英語を磨き続け、
TOEIC で825点を達成し、
今では、アメリカ人と混じって、グローバルに活躍しています。

タピオカが英語を学び、
アメリカに駐在するまでの物語を下記の記事でまとめています。

>>タピオカの詳しいプロフィールはこちら



【記事を書いた人】

カリフォルニアに駐在する会社員 / TOEIC 825点 / 英会話教室を15年続けた経験を基に、本当におすすめのマンツーマン英会話を紹介しています。

「アメリカ駐在を不安なく、いかに楽しく過ごすか」がモットー / 理系国立大学を卒業 / 製造業エンジニア


アメリカ駐在までに日常会話を習得したい

アメリカ駐在まで3カ月しかない、何を勉強すべきか検討もつかない…。英会話スクールって、どこがいいのか分からない…。そんな疑問に、アメリカ駐在員でTOEIC800点越えの僕が答えます!おすすめ英会話スクールをすべてまとめました(^^)


Twitterでタピオカをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です