【15年生エンジニアだから言える】横断歩道を渡る時 手を上げる本当の理由

タピオカ
こんにちは、アメリカ駐在バイリンガルの「タピオカ」です。

 

「横断歩道を渡るときは手を上げてわたりましょう」

皆さん、こどもの頃に、こう教わった覚えはあるかと思います。

なぜ、手を上げないといけないのでしょうか?

大人は手を上げなくても良いのでしょうか?

こどもが小さい手を一生懸命あげて、道路をわたってる姿を見るのは、ほほえましいですね。

でも、なぜ手を上げるかまでは教わっていないと思います。
こどもに、「なぜ、手を上げるの?」
と聞かれて、困った事があるのでは、ないでしょうか。

そして大人は手を上げて渡らないのも、こどもながらに疑問に思うようです。

娘に、こう質問されました。

むすめ
「なぜ、大人は手を上げないの?」
タピオカ
ふ、ふ、ふ、それはね…。

タピオカは昔エンジニアをやっていたので、その理由が分かります。

今日は、なぜ横断歩道で手をあげるかについてお話したいと思います。

横断歩道をわたる時 どちらの手をあげるのか正解か?海外では?

2018.04.12

なぜ横断歩道は手を上げてわたるのか

なぜ横断歩道で手を上げてわたる必要があるのでしょうか?

  • なるべく目立つようにするため
  • 相手に渡るという意思を示すため

いろんな理由が考えられると思いますが、根本的な理由は以下の通りです。
「身長100 cm 以下のこどもは運転手の目線から死角に入って直視できなくなってしまう」車の作りになっているからです。

そのため、100 cm よりも高い位置で目立たせるために、手をあげるのです。

こどもが遠くにいる場合は見えますが、近くにいる場合に見えなくなります。

例えば、横断歩道の手前で渋滞してとまったあと、発進する時などは最新の注意が必要です。

以下に理由を説明します。

車を作るための、「保安基準」が存在します。

いわば、「ルール」ですね。この「ルール」に沿って作らないと、日本で車を売ることが出来ません。

保安基準の中で「前方視界基準」というものがあります。

「運転席にすわった人からどういう物が見える様にしなさい」 という決まりがあるのです。

基準概要「前方視界基準」

要件:自動車の前方2mにある高さ1m、直径0.3mの円柱(6歳児を模したもの)を鏡等を用いず直接視認できること。引用:国土交通省HP

ちょっと分かりにくいと思うので、図で確認しましょう。

ここで使われるのが、高さ1m、直径30 cm の「棒」です。

この「棒」(6歳児を想定)

この「棒」を車から2m 離したところに置き、それが見えるようにしなさいという「ルール」です。

当然のことながら、身長が100 cm 以下の場合、上記の図の赤いエリアでは、運転手から全く見えなくなってしまいます。

身長100 cm のこどもでも、手をあげることにより120〜130 cm の高さまで上がるため、運転手から見えやすくなるというわけです。

SUVやミニバンなどの背の高い車は、より死角が大きくなる傾向があります。

 

まとめ

こどもは出来るだけ、ヒジを伸ばして手を高く上げ、存在を運転手に知らせる

大人は手を上げる必要があるのか

大人は手を上げる必要があるのか?という疑問がわいてきますよね。

娘もこう質問していました。

むすめ
「なぜ、大人は手を上げないの?」

上の理論だと、大人は手を上げる必要がありません。

しかし、大人だろうがこどもだろうが何よりも大切なのは、

「運転手が自分の存在に気づいて止まってくれている」ことを確認してるから渡ることが大切です。

そのため、手を上げて運転手に合図するのは、大人であっても有効な手段であるといえます。

まとめ

大人も運転手としっかりアイコンタクトを取り、存在に気づくように手で合図し、道を渡る意志を示す

交通事故は小学一年生に多い

交通事故は小学一年生にいちばん多く発生しています。

〔 発生数、小学1年生は6年生の3・7倍 〕

県警交通企画課によると、13~17年の5年間で、歩行中に死傷事故に巻き込まれた小学1年は計71人に上る。これは、小学6年の計19人を大幅に上回る。引用:毎日新聞

これには以下のような理由があります。

  • 幼稚園の時は親と歩くことが多いが、小学校に入ると一人で歩くことが多くなる
  • こどもは興味があるもの見つけたら、すぐ飛び出してしまう。例えば、道の反対側に友達を発見した時など

なので、小学生になったばかりのこどもには、十分に注意して教えてあげなければなりません。

タピオカ
前後!左右!上下!しっかり見てから渡ってよ!
むすめ
「パパ、心配性すぎ…。

 

まとめ

  • 車の構造上、運転手からは身長100 cm 以下のこどもの姿は見えない可能性が高い
  • こどもは手をしっかり上げて、運転手に存在を知らせることが大切
  • 大人であっても、自分が横断するとしっかり伝えるために手をあげることは有効
車を運転してるのはあくまで「人」なので、その「人」とアイコンタクトを取るのが大切です。

新入学1年生が増える春の季節に悲しい交通事故画が起きないことを心から願っています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

------------------------------------
僕は、
15年間、普通のサラリーマンでしたが、
突然、アメリカ駐在となりました。

昔は、
カフェで注文もできず、
女の子に助けてもらうくらい英語を話せませんでしたが、

独学で英語を磨き続け、
TOEIC で825点を達成し、
今では、アメリカ人と混じって、グローバルに活躍しています。

タピオカが英語を学び、
アメリカに駐在するまでの物語を下記の記事でまとめています。

>>タピオカの詳しいプロフィールはこちら



【記事を書いた人】

カリフォルニアに駐在する会社員 / TOEIC 825点 / 英会話教室を15年続けた経験を基に、本当におすすめのマンツーマン英会話を紹介しています。

「アメリカ駐在を不安なく、いかに楽しく過ごすか」がモットー / 理系国立大学を卒業 / 製造業エンジニア


アメリカ駐在までに日常会話を習得したい

アメリカ駐在まで3カ月しかない、何を勉強すべきか検討もつかない…。英会話スクールって、どこがいいのか分からない…。そんな疑問に、アメリカ駐在員でTOEIC800点越えの僕が答えます!おすすめ英会話スクールをすべてまとめました(^^)


Twitterでタピオカをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です