結婚式の主賓に元上司?悩みを確実に解決するたった一つの考え方とは。

アメリカ駐在におすすめ英会話スクール

アメリカ駐在まで3か月しかない…。英語を上達させたいけど、何を勉強すれば良いか検討もつかない…。短期間でビジネス英会話を上達させるための英会話スクールについて全力でまとめました。

こんにちは、タピオカです。

 

わたしは、会社に入ってから、部署や上司が変わることが多かったです。

ちょっと数えてみると、入社して10年で最低15回上司が変わってました。(笑)

 

上司が変わると悩むのが、
結婚式の主賓に元上司を呼んでいいのか、ということですね。

むしろ、元上司の方が仲が良かったりする時もあります。

 

特に、結婚式の直前に上司が変わると焦りますよね

わたしは、無駄に人の顔色をうかがってしまうタイプなので、とても疲れる時もありました。

 

悩み始めたら止まらない。
そして自分にイライラする。はい、面倒くさいA型です。

 

 

しかし、
わたしは、ある言葉に出会ってから、迷うことはなくなりました。

 

「今を大切にする」ということ。

いつ聞いたかは、はっきり覚えていないが、この言葉を聞いた時の状況は鮮明に覚えてる。

 

大学から空手をやっていたんですが、
就職のタイミングで引っ越して、新しい道場に通いはじめました。

 

新しい道場は、まあまあ楽しかったんですが、
気持ちのより所を、どこにすれば良いか迷っていたんです。

 

はっきり言って、
あの頃の自分は中途半端でダメだったなぁ。

いろんな所で良い顔をしているせいで、すべてが中途半端だった

 

思い出すと腹が立ちますね。

 

ある年、
空手の大会に応援に行くことになったんです。

そこで、運が悪く、昔の道場と今の道場が試合をすることになりました。

 

どっち側に座るか、ほんとうに迷いましたね

どっちも応援したいけど、どっちにも悪く思われたくない。

みんなに良い顔をしようとすると、結局全部だめになる、という事はうすうす感じていました

 

 

そんな時、ある言葉に出会ったんです。

大学時代から付き合いのある、とても尊敬している先輩に相談した時のこと。

 

タピオカ:
「どっちの道場を応援すれば良いか、分からないんです。どうすれば、良いんでしょう?」

 

先輩の答えはこうでした、

「今を大切にしろ」

 

その言葉を言われて時、ものすごい衝撃が走った。

 

今を大切にするということは、
過去である先輩との付き合いは、二の次でいいということ。

俺との関係は二の次で良いから、今いる場所を大切にしろ、というアドバイスをくれたのです。

 

心から、”かっこいい” と思いまいたね。

 

その言葉をもらってから迷いはなくなりました。

 

昔の道場の知り合いからは、
「付き合いが悪いね」とか言わることもあったけど、

今を大切に生きていこう、という気持ちに揺るぎはなかったです。清々しい気分でした。

 

今を大切に生きる、という言葉は、
それからの人生においても、自分の道しるべになってくれるたのです。

 

「他人と過去は変えられない、自分と未来は変えられる」

 

未来を作るには、今を頑張るのが何より大切だということ、ですね。

 

結婚式の主賓に元上司を呼ぶべきか

結婚式の主賓に元上司を呼ぶべきか?という疑問ですが、結論から言うと、呼ぶべきではないということです。

 

一番大切にすべきなのは「今」であり、今の職場、今の上司なんです。

 

今の上司を無視して、元上司を呼ぶのは今の上司に失礼なだけでなく、自分の人生の立ち位置も中途半端になりますね。

 

これからの未来をつくっていくためには、何より、「今」を精一杯生きるのが大切、ということです。

 

結婚式に呼ぶといっても、来週すぐある訳ではないはずです。

結婚式まで、2、3か月あるのであれば、主賓として今の上司を呼んでも、不自然ではありません。

 

 

結婚式の主賓:元上司をよぶことを諦めれない場合の対策

確かに、新しい上司とは付き合いも薄いし、そんな上司に主賓をお願いしにくいかもしれません。

でも、
今の生活を大事にするためには、元上司を呼ぶのは良くないですね。

 

元上司との関係がしっかり築けていれば、結婚式に呼ばなかったことで関係が崩れることは無いはず。

 

結婚式に呼ばなくても、今後の付き合いは続けていけます。

 

どうしても、気になるのであれば、
親戚だけで結婚式をする、という風に言ってしまえばOKです。

ウソは良くないけれど、良いウソと悪いウソがあるけど、これはついて良いウソですね。

 

 

結婚式に主賓で元上司を呼ぶべきかまとめ

結婚式の主賓に元上司を呼ぶべきではない、「今を大切にするべき」なんですね。

 

自分自身が成長し、理想の未来を作るためには、「今」を精一杯、今自分を磨くことが一番大切です。

 

そして、
自分を磨くために、一番おすすめなのは、英語を勉強することです。

 

言葉って不思議で人間の性格を変えることができるんです。

 

わたしは、今でさえ、TOEICは800点をこえ、ビジネスで英語を話せますが、

元々ひかえめな性格でした。自分の意見を前に出て言うタイプでもなかったし、言いたいことも言えない、いわば内向的だったんですね。

 

しかし、
英語を勉強し続けて、ふと気づくと「性格が変わっていた」んです

 

なぜだろう、と考えると、
英語と一緒に、前向きな性格が体に染みついていたんですね。

 

英会話をマスターするには、以下の手順でおこないます。どんな英語の達人もとおっている道です。

 

  1. 英語フレーズを聞く
  2. 意味を理解する
  3. 口に出してみる
  4. 通じて嬉しい
  5. また、勉強をしてみたくなる

このサイクルを回していくと、楽しみながら英語を習得することが出来ます。

 

つまり、
英語を勉強して、内向的な性格も克服して、世界で生きていける立派な男になれて良かった、ということ。

 

長年の性格は変えれないと思ってたけど、英語を習得することで変えることが出来たんですね。

 

「今を大切にする」

いろんな状況で応用ができる、すばらしい言葉です。

 

おしまい。

------------------------------------
僕は、
15年間、普通のサラリーマンでしたが、
突然、アメリカ駐在となりました。

昔は、
カフェで注文もできず、
女の子に助けてもらうくらい英語を話せませんでしたが、

独学で英語を磨き続け、
TOEIC で825点を達成し、
今では、アメリカ人と混じって、グローバルに活躍しています。

タピオカが英語を学び、
アメリカに駐在するまでの物語を下記の記事でまとめています。

>>タピオカの詳しいプロフィールはこちら



【記事を書いた人】

カリフォルニアに駐在する会社員 / TOEIC 825点 / 英会話教室を15年続けた経験を基に、本当におすすめのマンツーマン英会話を紹介しています。

「アメリカ駐在を不安なく、いかに楽しく過ごすか」がモットー / 理系国立大学を卒業 / 製造業エンジニア


アメリカ駐在までに日常会話を習得したい

アメリカ駐在まで3カ月しかない、何を勉強すべきか検討もつかない…。英会話スクールって、どこがいいのか分からない…。そんな疑問に、アメリカ駐在員でTOEIC800点越えの僕が答えます!おすすめ英会話スクールをすべてまとめました(^^)


Twitterでタピオカをフォローしよう!