【外来種 亀 引き取り】アメリカ駐在前にiZooへミドリガメを預けた話。

こんにちは、タピオカです。

 

アメリカ駐在決まってから、仕事の引き継ぎや、赴任の準備で忙しい毎日を過ごしておりました。

その中で困った問題の一つが、亀の引き取り先がいない問題。

 

中学2年生から飼い始め、はや25年。

20センチくらいに大きくなったミドリガメです。

色々調べたのですが、アメリカに外来種の亀は持ち込むのは相当大変らしい。

血統書が必要だとか。

いやいや、ないでしょ、そんなもん(笑)

そもそも、川で拾った亀(を友達からもらったもの)やし。

 

というか、アメリカは、ミドリガメにとっては地元なのに、なぜこんなに難しいのか…。

国から出すのは簡単だが、入れるのは難しい国。移民も亀も同じですね(笑)

 

そこで、日本で引き取りをしてくれる所をインターネットで調べると、

  • 神戸の須磨水族館
  • 明石市役所
  • 怪しげなペット専門店

が引き取りをしてくれそうだが、どれを見ても最後はひどい結末ばかり。殺されて肥料にされたり、実験に使われたりするらしい…。

 

次にあたったのは、知り合い。

そこで何とか一匹は引き取りをしてくことが決定。

良かったぁ・・・。

 

残るはあと2匹。さあ、どうしようか。

なかなか、引き取り先が決まらず、やはり、池に逃がすしかないのか、という考えもよぎりました。

しかし、ネットで検索すると、そんな気持ちは一瞬で吹き飛ぶことに。

 

外来種は環境に悪いという理由で、捕獲されて、駆除されているらしいです。

地元の掲示板でも「外来種駆除キャンペーン」とか言って、亀を駆除し、肉を食べたり、こうらを楽器にして売っているらしい…。

ありえない…。

 

本当に困り果ていた時、亀の引き取りをしてくれる動物園があるという情報を入手。

最後の望みをかけて、亀の引き取りをお願いしてみることにしました。

 

外来種の亀引き取りをしてくれる ” iZoo ”

” iZoo ”は伊豆にある、爬虫類専門の動物園

外来種 亀 引き取りizooのゾウガメ広場と伊豆の海

亀が多数、川や池に離されて、環境を乱していることを知っており、世の中に放されるくらいなら、” iZoo ” が引き取ると申し出でたのです。

何とも男らしい。

 

さっそく亀の引き取りを依頼

さっそくiZooにメールで問い合わせをたところ、快く引き受けてくれました。

今回引き取りをお願いしたのは、この2匹。

シータ オス25歳

ツバサ メス24歳

 

亀の引き取りにむけ準備を開始

まずは、衣装ケースを購入しました。

引き取りはケースごと渡すらしいので、そのまま渡せるケースをイオンで購入。

引き取りの日が近づくにつれ、名残惜しい気持ちが沸き上がってきます。

これは、娘と撮った最後の写真。

娘が寂しそうに、亀にエサをあげていました。

そんな時、娘が言ったのです。

 

カメの掃除大変だったけど、いなくなると寂しいね。
タピオカ
なんて、心優しい娘なんだ…。

 

海外出張中は、いつも亀の水を替えてくれていた娘(と妻)

大変な日もあったと思います。

なんて、心優しい娘に育ったんだぁ、と気持ちがほっこりなりました。

 

亀の引き取り前日

いざ行くとなると寂しいなあ。。。

そんな中、2階のベランダから物音がしていたのですが、行ってみて驚くことに。

 

なんと、娘が水槽を洗ってくれていたんです。

最後だからと、亀のたらいをきれいに洗ってくれていた娘。

しかも、よく見たら泣いているし。

 

もう、水替えできなくなるんだね・・・。

 

余りにも愛おしくて、抱きしめてしまいました。

一階に降りると、妻も悲しそうな顔をして、

 

亀ちゃん、最後まで飼ってあげて、お家でお墓作ってあげたかったね…。

 

と言ってきて、逆にこっちが泣きそうに…。

なんだか悲しい、亀引き取り前夜でした。

 

亀引き取り当日。いざ ” iZoo ” へ向けて出発

亀の引き取りをお願いに、いざ ” iZoo “へ出発します。天気は最高でしたね。

外来種 亀 引き取りに行く途中の富士山

富士山がとても美しかったのが、印象的でした。

 

それにしても、遠かった…。

沼津ICまでも遠かったが、そこから1時間半かかります。

 

有料道路を2つ乗り継ぐ必要があります。

通るのは伊豆中央道と、修善寺道路。料金は、いずれも200円。(沼津インターから直接つながっています)

 

さらに峠を越えて、ようやく到着。

 

はっきり言って、沼津からのアクセスは大変です。

 

 

” iZoo ”へ到着。亀との最後の別れ

ようやくiZooへ到着、いよいよ亀との最後の別れです。

外来種 亀 引き取りizooの入り口外観

衣装ケースを運んでいると、他の観光客に話しかけられました。

 

観光客:大きな亀さんねぇ。可愛い~。亀を持ち込んでイベントとかあるんですか~?

タピオカ:は、は、は~。(笑)

 

ごめんなさい。そんな前向きなことではないんです。

亀の引き取りをお願いしに来た、無責任な飼い主なんです。

気まずさ満点でしたね。

 

窓口に到着。

 

タピオカ
あの~、亀の引き取りをお願いに来たんですけど。
職員
はいはい、承っております。こちらへ、どうそ。

 

窓口には、他のお客さんが並んでいたので、横に避けます。

 

職員
この同意書に記入とご署名をお願いします。
タピオカ
あ、はい。

 

補足

同意書には、氏名、年齢、住所、今後亀との面会を希望しない旨について記入し、署名をする必要があります。

亀の名称は、正式名称を書かないと受け取ってもらえないので、注意ですね。

ミドリガメの正式名称は、ミシシッピアカミミガメです。

 

いよいよ、亀とのお別れ。娘が泣き出すんじゃないか、そんなことが頭をずっとよぎっていました

 

職員
亀ちゃん、ここにいると寒いと思うので、中に連れて行っても良いですか?
タピオカ
え~と。

 

・・・。(悲しそうな表情)

 

最後に亀ちゃんと写真を撮ろうかと思いましたが、娘が泣き出しそうだったので、

 

タピオカ
あっ、はい!連れて行って下さい!

と言ってしまいました。

 

後になって、

やっぱり写真撮りたかったなぁ…と後悔してしまったタピオカ。

ばかですねぇ。

 

こうして、最後はあっけなく亀ちゃんは引き取りをされて行きました。

娘が泣き出しそうだったので、写真を撮る隙もなく…。

 

最後にツバサのアップを1枚。

こちらは、シータ。

ツバサ、シータ長い間、家族でいてくれてありがとう。

 

せっかくなので、iZooの中にも入ります。

入園料は、大人2000円、こども800円

外来種 亀 引き取りに行ったizooの入園料

*JAFの会員証がある場合、割引があります。(大人は200円引き、こどもは100円引き)

 

外来種の亀 ”引き取り” 専用プール、その名も「のぶ湖」

亀ちゃんが引き取られた後は、外来種専用のプールで飼育されます。

外来種 亀 引き取りに行ったizooののぶ湖

その名も「のぶ湖」。

は!?分けわからん。最初はそんな感じでした。

 

実は、この外来種の亀引き取り専用プールは、インターネットで資金を募集して作られました。

iZoo だけでも作ることは出来たらしいですが、亀が自然に放たれて問題になってる現状を、少しでも多くの人に知ってもらいたい、という意志のもと、一般公募されたのです。

そこで、資金を提供したのが、You tuber である、「はじめしゃちよー」

この、はじめしゃちよーの家にエイリアンがいて、のぶ湖という名前なのです。

 

・・・。

分かりにくいですぇ。

 

外来種 亀 引き取りに行ったizooののぶ湖

このエイリアンの名前が「のぶ湖」

湖の名前も「のぶ湖」

 

iZoo の1番奥の坂を入りた所に「のぶ湖」はあります。

25mmプールくらいの大きさはあるでしょうか。

外来種 亀 引き取りに行ったizooののぶ湖

ちなみに、のぶ湖では、亀のエサを買ってあげることが出来ます。

値段は100円。

さっきお別れした、ツバサとシータがいるか探してみます。

 

ツバサとシータ探そうよ!
タピオカ
そうだねっ!
う〜んと。あれ、ツバサじゃない?
タピオカ
あ〜、そうかもね〜。

 

なんか顔が違う気がしたので、あとで受付に確認してみました。

 

タピオカ
今日、引き取りして頂いた亀ですが、もう「のぶ湖」にいますか?
職員
まだですねぇ。しばらくは、病気にかかっていないか確認して、その後、「のぶ湖」に入ることになりますよ。
タピオカ
なるほど。
職員
大切に飼育するので、安心してくださいね。

 

受付の人は、とても親切な方だったので、亀の今後の生活については、全く心配無かったですね。

 

 

iZooで園長に偶然出会うことに!

外来種 亀 引き取りizooのヤシの木

なかなか、のぶ湖を離れることが出来なかったのですが、ようやく戻ってくると、嬉しいことがありました。

iZoo の園長・白輪さんにお会いすることが出来たのです!

 

ちょうど、クロコダイルのケージの前を通っている時に、

 

タピオカ
あれ?白輪園長じゃないか??

 

遠くだったので、最初は分からなかったんですが、すぐに確信に変わりました。

 

タピオカ
白輪園長だ!

 

思わず、声をかけてしまいました。

 

タピオカ
すみません、もしかして白輪園長ですか?
白輪園長
・・・。(笑顔)

 

最初は、会釈だけして、通り過ぎようとしました。とても、感じの良い印象。

せっかくなのでお話をしたいと思い、追いかけます。

 

タピオカ
園長!初めまして、〇〇県から来た、タピオカと申します。
白輪園長
あ、どうも。
タピオカ
今日は、亀の引き取りをお願いに来たんです。
白輪園長
そうなんですか。遠いところから。
タピオカ
海外赴任が決まって、亀の引き取り先が決まっていなかったので、本当に助かりました。
白輪園長
それは、良かった。どちらに、行かれるんですか?
タピオカ
アメリカです。
白輪園長
アメリカね。あそこは、動物を持ち込むのは大変なんだよね。(アメリカに)入れるのは簡単なんだけどねぇ。
タピオカ
そうですねぇ。血統書なんて、準備出来ないですよね。今回は、本当に助かりました。もう、本当に困ってたので…。
白輪園長
それは良かった遠い所ありがとうございました。楽しんでいって下さいね。
タピオカ
ありがとうございます!

 

白輪園長は、ほんとうに感じの良い方でした。優しそうな笑顔が印象的でしたね。

 

 

外来種の亀引き取りについて思うこと

今回は、亀の引き取りをして頂いて、本当に助かった訳ですが、後になって色々なことが頭をめぐりました。

外来種 亀 引き取りのぶ湖のミドリガメが甲羅干し

今更ながら、自分のしたことは、本当に正しかったのか。自問自答してしまいました。

 

今できる最大限のことは、やったはず。

そんな風に自分を正当化することしか出来なかった…。

自分の亀を最後まで飼ってあげれなかった、という事実は変えれないのです。

 

飼い主としては無責任で、完全に失格ですね。

 

iZoo で亀が幸せな余生を送ってくれることを願うばかりです。

 

今回の一件で、一番感じたのは、カメは一番の被害者だ、ということ。

昔は祭りの露店でも売られていた亀。たった、500円という値段です。

 

しかも、最初は小さくて愛らしい。

誰も、この亀が、30cm 近い大きさになるなんて思いもしません。

 

飼い始めたは良いが、手に負えなくなって、近くの池に逃してしまう。

生命力がとても高いので、どんどん増えて、水草を食べ、魚を食べ、自然を荒らしてしまう。

 

そして、有害な外来種だと呼ばれて、捕まえられ、殺され、肥料にされるんです。

 

人間の都合で、小さな命がこんな風に扱われてるというのは、悲しいですね。

最後まで亀を飼わなかった飼い主として、言う資格は無いかもしれませんが、、、、。

 

一匹でも多くの亀が幸せに暮らしてくれることを願うばかりですね。

 

おわりっ!


【記事を書いた人】

カリフォルニアに駐在する会社員 / TOEIC 825点 / 英会話教室を15年続けた経験を基に、本当におすすめのマンツーマン英会話を紹介しています。

「アメリカ駐在を不安なく、いかに楽しく過ごすか」がモットー / 理系国立大学を卒業 / 製造業エンジニア


アメリカ駐在までに日常会話を習得したい

アメリカ駐在まで3カ月しかない、何を勉強すべきか検討もつかない…。英会話スクールって、どこがいいのか分からない…。そんな疑問に、アメリカ駐在員でTOEIC800点越えの僕が答えます!おすすめ英会話スクールをすべてまとめました(^^)


Twitterでタピオカをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です