英語教室をやめたい?私が15年間 英語教室 を継続出来た5つの理由。

アメリカ駐在におすすめ英会話スクール

アメリカ駐在まで3か月しかない…。英語を上達させたいけど、何を勉強すれば良いか検討もつかない…。短期間でビジネス英会話を上達させるための英会話スクールについて全力でまとめました。

こんにちは。
タピオカです。

この記事を読んで頂いているということは、
英語教室をせっかく始めたのにやめたい、という悩みを持たれているかと思います。

どうすれば、続けることができるのか?

結論から言うと、
英会話を楽しめているか、否か、本当にこれに尽きます。

  1. 楽しめているから継続できる
  2. 継続できるから上達する
  3. 上達するから楽しい

こういうサイクルか出来れば、
英語教室が続かないなんてことは無いし、英語は確実に上達します

英語を活かして達成したい夢を見て、
英語教室に入ったのに、

楽しくなくて、辞めてしまうというのは、
本当にもったいないし、残念だなと感じます

確かに、
たまに変な先生もいました。

・正確に話さないと怒る
・間違えると怒る
・プライドを捨てて話せ

もう、訳が分からないですよね。
説明内容がぜんぶ矛盾している変な先生です。(日本人の先生だったと記憶しています)

これでは、
英語を話すのが苦痛になりますよね。
誰でもそうです。

悪いのは、生徒ではなく先生です。

そんな時は、教室を変えるのをお勧めします。
先生を変えてもらうのでも、いいですね。

英語が好きで始めて、自分のお金で通っている教室ですから、選ぶ権利はありますよ。

勇気がいることかもしれませんが、
英語を話すのにも、自分の意見を言うのにも、「勇気」が大切なんですね。

応援しています。

先生が原因でない場合を除いて、
英語教室を15年間受けてみて、やめたい人は皆同じパターンでした。

最初は楽しいけど、
マンネリとなって、
モチベーションが下がり、上達しない、
むしろ下手になってると感じ、
楽しくなくなるのです。

結果、やめたい気分になる。

モチベーションか下がる理由や、
状況を打破する方法は決まっています。

マンネリを乗り越えれば、
確実に上達するステージにいけるのに、
ここでやめるのは本当もったいないですね。

今回は、
わたしが「英語教室をやめたい状況」をいかにして打破出来たか、についてお話したいと思います。

 

英語教室以外での勉強は必須

英語教室を楽しむためには、教室以外の勉強は必須です。

例えば、ゴルフで言うと、
打ちっぱなし練習をしないで、いきなり本コースに出るようなもの。

達成感を感じ、楽しさを感じるためには、
英語教室以外での練習は必須です。

しかし、
かく言うわたしも何度も英語の勉強を挫折しかけたときもありました。

本当に先が見えない、
このまま続けて上手くなるのだろうか、
話せたかなと思った日があると、なぜかまた話せなくなる…。

本当に辛かった

人間はそんな状況でも頑張れるほど、
強くはないものだ、と思いました。

それでも、勉強を続け、
最終的に英語を習得できて、本当に良かったなぁと感じます。

おかげで、
アメリカへの海外赴任も決まりました。

 

英語教室をやめたい気分になる理由とは?

15年間、
いろんな人の入れ替わりを見てきました。

そして、
英語教室をやめたい人の特徴も同じだ
ということに気づきました。

最初は楽しいけど、
しばらくすると上達を感じられない。
上達を感じられないので楽しくない。
そして、やめてしまう。

やり始めはすっごい楽しいです。
すべてが、新鮮ですからね。

英語教室の申し込みは、
4月が一番多いです。
皆さん、新学期に期待をするんでじょうね。

勉強を始めると、
いろんなノウハウを学習します。

すると、
「知っているノウハウ」が増えるのですが、
自分の実力はすぐには上がらない。

その結果、
「実際に自分が出来ること」との、
ギャップが大きくなるんです。

そして、
ギャップがモチベーションが下げていきます
これがマンネリの正体です。
脳のなかの仕組みから来てるんですね。

そこで気付いたのが、
どんなスポーツをするにしても、
毎回上達を感じることなど無いということでした。

うまく行く日があったり、
なかったりしながら、
ちょっとずつ上手になっていくものだと気づきました。

時間と上達は比例しないですが、
200時間を経過すると、飛躍的に上達スピードは上がります。
この200時間を乗り越えるのが大切だった、
とうことですね。

今思い返してみると
モチベーションが下がって英語教室をやめたい、という状況の対策は以下の5つでした。

 

「英語教室をやめたい」への対策はこの5つ

楽しむのが何より大切

多少文法とかが間違ってても、楽しめればOKと考えてしまうんです。

英語教室をやめたい人を見ていると、
完璧主義な人が多かったですね。

正しい文法で、
正しい発音で、
ネイティブが話すスピードで話せないと、「失敗」みたいな感じです。

逆に、
長く英語教室に来てる人を見ると、
まず楽しく過ごすのを一番に考えてます。

少し自分に甘くなって、
楽しく過ごせればオッケー!
くらいの気持ちの方が、上手く行くことが多いです。

アメリカの文化では思い立ったらとりあえず声に出す、
のが大切ですね。

誰か意見ありますか?と聞かれたとき、
「YES!」って手を上げてしまうのです。

いい事が思いつかなかったら、
「Never Mind」(気にしないで)とか言って、
やめてしまえば良いんですよね。

間違えても、
失敗しても、
人生終わるわけではないですから。

 

小さくても良いから成功体験をするという目標を立てる

ポイントは、
少しでもいいので成功体験を作ることです。

いきなり大きな目標は絶対に挫折するので、
ステップ、ステップで 小さな目標を立てるのが大切です。

例えば、

  • 英語教室の前にこのフレーズは使うと決めて、話してしまう
  • スピーチがある時などは本気で全部丸暗記して臨む

そこで話せると本当に気持ちいいんですよね !

その気持ち良さをうまく利用して、
またやりたい!
というモチベーションにつなげれる人は強いです。

マンネリで、
モチベーションが下がっている場合、
色んな方法を試してみると良いです。

あと、
お勧めなのは、TOIECテストを定期的に受けること。
英会話の上達は数値で測れないので、
テストの点で確認するんです。

わたしは、
TOEIC用の勉強は全くしていませんでしたが、
テストを受ける度に、少しずつ点数は増えていて嬉しかったですね。

 

英語教室以外でも積極的にアウトプットをする

教室以外でも、
積極的にアウトプットするのが大切です。

一日、30分でもいいです。

ここでポイントなのが、
勉強のハードルを上げすぎない、ということです。

・通勤時間に気軽にリスニング
・お風呂に入りながら、一日の出来事を英語で説明してみる

こんなノリで良いんです。

他には、
町中で外国人に出くわした時には、
思い切って声をかけてみるとか。

May i help you ?
Would you like some help ?
という風に声をかければ 相手も喜んでくれ ますよ。

わたしは、
スーパーでインド人が困った顔してたので、
声をかけてみました。

どうやら、
ベジタリアンの食べ物を探したみたいで、
とても助かったって言ってもらって、
すごく嬉しかったです

ほんと小さいものでもいいので、
成功体験はモチベーションと成長に繋がりました。

 

英語教室に参加する動機はなんでもでOK

ぶっちゃけ、
タピオカが英会話に通ったのは、
しょーもない理由でした。(笑)

可愛い子と話したい、
美人な先生と話したい。

そんな動機でしたが、
本当に彼女ができました、
そして今は奥さんになっています。(^^♪

おっと、話がずれましたが、

仕事につながる出会いがあるかもしれません。

実際わたしも、
英語教室で出会った人の紹介で、アメリカで仕事をすることになりました。

めっちゃ嬉しかったですね人生何が起こるかわかりません。

 

学費の元をとってやると心に誓う

英語教室なのでそれなりのお金がかかります。

タピオカは関西人なので根がケチです(笑)
お金を払うからには、
元を取ってやるという気持ちで望んでいました。

その気持ちが、
出来るだけ発言することにつながりました。

もし、
英語教室の費用が、どうしても不安なのであればオンライン英会話でもいいですね。

英語教室に通う「目的」は、
英語をアウトプットして上達することなので、「手段」はいろいろあるのです

外国人カフェとかに行ってもいいですね。

 

英語教室をやめたい対策まとめ

「英会話が続かない」対策まとめ
  • 楽しむのが何より大切
  • 成功体験を意識する
  • 教室以外でもアウトプット
  • 参加する動機は何でもOK
  • 学費の元をとる気持ち

正直なところ、
ここまで長く続くと思ってなかったです。

まずは半年、そして一年と、少しずつ続けていく気持ちで大丈夫です。

長く続けていると、
本当に思いもしない展開になったり、人生に楽しいことが起こりますよ。

英語教室が上手くいくことを願っております。

「英語が好き」という気持ちは大切にしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、またっ!

------------------------------------
僕は、
15年間、普通のサラリーマンでしたが、
突然、アメリカ駐在となりました。

昔は、
カフェで注文もできず、
女の子に助けてもらうくらい英語を話せませんでしたが、

独学で英語を磨き続け、
TOEIC で825点を達成し、
今では、アメリカ人と混じって、グローバルに活躍しています。

タピオカが英語を学び、
アメリカに駐在するまでの物語を下記の記事でまとめています。

>>タピオカの詳しいプロフィールはこちら



【記事を書いた人】

カリフォルニアに駐在する会社員 / TOEIC 825点 / 英会話教室を15年続けた経験を基に、本当におすすめのマンツーマン英会話を紹介しています。

「アメリカ駐在を不安なく、いかに楽しく過ごすか」がモットー / 理系国立大学を卒業 / 製造業エンジニア


アメリカ駐在までに日常会話を習得したい

アメリカ駐在まで3カ月しかない、何を勉強すべきか検討もつかない…。英会話スクールって、どこがいいのか分からない…。そんな疑問に、アメリカ駐在員でTOEIC800点越えの僕が答えます!おすすめ英会話スクールをすべてまとめました(^^)


Twitterでタピオカをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です