海外赴任で英語力は上達する?6ヶ月の記録と駐在前に必ずやるべき事。

こんにちは。
タピオカです。

海外赴任は本当に突然、訪れます。

英語に自信がなくて、海外赴任が決まったとなると、
とても「不安」に感じるかと思います。

海外赴任すれば、
どれくらいの期間で英語は何とかなるのか?
と質問されることもありますが、

・本人のポテンシャル
・英語力アップにどれくらい本気で取り組むか

によって大きく変わるため、一概に言うのは難しいですね。

そこで今回は、
海外赴任をした際に、英語力がどの様に向上するかについて、
わたしの体験談を紹介させて頂きたいと思います。

*今はアメリカにいますが、海外赴任が決定した時点で英語力は全く不安がなく、あまり参考にならないので、初めての海外として、オーストラリアにワーホリで行ったときの話をご紹介させて頂きたいと思います。

ちなみに当時の英語力としては、以下のようなスペックでした。

・英検4級を保有
・長野の国立大学工学部
・英語は嫌いではない
・ネイティブと話した経験はなし
・海外赴任に憧れがあった
・日本での準備(英語学校等)は全くなし

それでは、一か月毎の英語力の変化をご紹介したいと思います。

 

1か月目:自分の英語力の無さに悲しくなる

はっきり言って、ほぼ聞き取れないと言った方がいい状態。

わたしが英語が話せないと分かり、ゆっくり話してくれた場合のみ、理解が出来るような感じでした。

スポーツジムに通おうと思って、いざ向かったものの、
受付での英語がまったく分からず、入会を断念したことも。。。

いや~本当にひどかった。

内容を全く理解できなかった。
そう、全くです。(笑)
雑音にしか聞こえなかったです。

英語力については、なぜか変な自信がありました。
ノリだけで話せるんじゃないか?みたいに考えていましたが、ダメでしたね。

プライドがずたずたになって、本当に悔しかった。

英語を話せる日本人が目の前にいたら、無性に腹が立ちました。(単なる嫉妬ですね)

そこで、きっかけになったのが、
「英語の聞き流し」です。

ラジオを購入し聞き流しを始めました。
英語力アップには、海外赴任の準備には本当におすすめです。
聞き流しは今でもやっています。

常に英語を触れていると、
英語の「音」を認識できる様になるんです。

いわゆる、「英語耳」ってやつですね。
意味は分からないけど、「音」は聞こえる、という状態になります。

そして、
聞いたことのある単語の意味が分かった時に「楽しい」と感じることで出来るのです。
そうすれば、英語力はスムーズに上達しますね。

 

実は、
オーストラリアでは空手をしたいという目的がありました。
ドキドキする気持ちを抑えて、道場に電話することにしました。

もちろん、
英語での電話なんて人生で初めての経験。

トゥルル、トゥルル(電話音)…。
緊張はマックス、心臓がドキドキなって、鼓膜の奥で響いている様でした。

電話の相手:
「Hello?」

タピオカ:
「Ha, hello My name is Tapioka Japan……want do Karate」

電話の相手:
「What!?」

もちろん、
英語力ゼロの状態なので、全然話せません。悲しかったですね。。。

それでも、知ってる単語を並べて、何度も言いました。

タピオカ:
「Karate! want to do here! Karate here! 」

相手の助けもあって、
・日本から来た変な日本人がシドニーにいる
・どうやら空手をしたそうだ
ということは理解してもらいました。

ここで強く感じたのは、
「お互いを理解しようとする大切さ」でしたね。

つまり、、、、
どれだけ英語力が低くても、理解しあおうと思えば理解できるんだ、ということです。嬉しかったのと同時に妙な達成感を感じたのを、はっきり覚えています。

結局、
ちょうど住んでいたシドニーではなくて、
1000km離れたブリスベンに道場はある、ということが分かりました。

早とちりな性格は何とかしたいです。。。。

おっと、話はそれましたが、
このままではさすがにまずいと思い、英語学校に通い始めました。

 

2か月目:聞き取れるフレーズが少しずつ出てくる

ワーホリビザだったので、
仕事を始めました。
申し込んだのは、回転寿司レストラン。

英語力の無い人間は、
日本食レストランくらいしか、相手にしてくれません。

最初は、
英語が話せる日本人の助けばかり借りてましたが、
ここでの経験がとても役に立ちました。

なぜかと言うと、
仕事では決まりきったフレーズばかり使うからです。

Thank you for coming.
(お越しくださりありがとう)
Are you ready to order? 
(注文の準備はよろしいですか)
Is Salmon with wasabi?
(サーモンはわさび入りですか)
Would you like some more tea?
(お茶はいかがですか)
Thank you for wainting.
(待ってくれてありがとう)

最初は、言われた通りに口から出しているだけで、意味も分かってなかったですが、
使えばつかうほど、スムーズに口から出てくる様になるんです。

これって、
海外赴任する場合でも、全く同じなんですね。

仕事で使う表現なんて、決まりきってるんです。

海外赴任が決まったら、まず日本で仕事で使う表現をすべて英訳します(もしくは、前任者に聞いても良いですね)。それを暗記するまで、繰り返し口に出すんです。すると、仕事で使う英語を即戦力で身につけることが出来ますよ

日本食レストランでは、一か月弱働きましたが、ブリスベンに行く日が近づいてきました。
(というか、本来の目的地はそっちでした)

一路、ブリスベンに向かいまいた。

 

3か月目:話は全部分からないが、相手の意図は理解できてくる

ブリスベンへは、
長距離バスで1000kmの旅。
旅の途中は、誰とも話しませんでした(話せませんでした)

しばらくは、
ユースホステルに泊まり、家を探ることに。

新聞に載っている家の募集を見て、突撃訪問。
何個か、まわったけど、相手の言ってること全部は理解できません。

身振り・手振りを加えて、
何とか意図を理解する、といった感じです。

一回、女子寮みたいなとこに間違えて行ってしまったことはありました。
英語は通じなかったですが、
女の子たちの困った顔を見て、すぐに察しました。

———

話をしている際、わかったような表情をしていると、相手は話をどんどん進めてしまいます。そんな時は、「理解できていません」と言うことがとても大切ですね。

海外赴任すると、
英語はもちろんですが、異文化をしっかり理解する必要があります。

欧米文化では、言葉がすべて。
言葉を発していない=何も考えていない、という理解になります。

つたなくても、
自信がなくてもいいので、分からないことは分からない、としっかり言葉に出すことが重要だと気づきました。

——–

家さがしの結末は、
たまたま通りかかった不動産屋に入り、
言われるがまま、契約書の内容も理解せず、契約しちゃいました。

わたしは、今でこそ、
エンジニアとして海外を飛び回ったり、
毎日100ページの英語の契約書を読んだりしますが、
当時はまったく不可能でしたね。

家も決まり、空手の道場にも通いはじめます。

そして、
性懲りもなく、日本食レストランで働き始めます。
生活をしていれば、
自然と英語なんて伸びるだろう、そんな風に考えてました。

今考えるとほんとうに甘かったですね。
英語を甘く見ている自分が恥ずかしい。
第二言語である以上、意識して努力しないと、スキルは向上しません。

海外赴任をしたとしても、
日本語ばかりを使って生活することだって可能です。

完全に初心者の場合は、
「日常生活で使う英語表現」を、
一気に覚えてしまうのがおすすめです。

・リスニング
・意味を理解する
・口に出す

この繰り返しです。
どんな英語の達人も、この過程を必ず通っています。

そうすると、ぎこちないながらも、生活の歯車はまわりはじめます。

海外赴任したら、
現地の言葉を使わないと現地人との心の距離はなかなか詰まらないんですね。

初心者の方であれば、日常生活で使用する英語表現を一気に習得してしまうのが、最短経路ですね。

 

4か月目:英語力が上達していないことに気付く

最初の3か月は、すべてが新しい発見でした。
見るもの、聞くこと、常に新鮮なんです。

しかし、
4か月目に入ると、楽しさを感じなくなりました

それと同時に、
あれ!?英語上達してなくない?
ということに気づきます。

簡単なやりとりは出来ました。

・コンビニで買い物をして、袋がいるとか、いらないとか
・サンドイッチを買って、チーズいれるか、いれないとか

シンプルなやりとりは出来ましたが、
難しい会話は全くできません。

さすがにまずいと思い、英語学校に通うことにしました。

英語学校で「ウザいヤツ」に出会います。英語が上手な韓国人がいたのですが、本当にウザかったです。

・一人でずっとしゃべってる
・誰かが話そうとしても、さえぎって話す
・なんか楽しそうにしている

完全に、「嫉妬」していたんですね。
今考えると、ほんまにダサいです

そんなことを考えてるヒマがあったら、勉強しろ、と言ってやりたいですね。

でも、
英語学校で「気づき」がありました

俺って、
「恥をかきたくない」っていう、変なプライドが邪魔してないか?
って思ったんです。

英語を話そうとしても、
・間違ったら格好悪い
・上手く話さないといけない
そんなことばかり考えていました。

そこで、
「恥をすててみる」ことにしました

・笑われたっていいじゃん
・間違ったって、命をとられるわけじゃない

それからは、
間違えることを恐れなくなりました。

話す内容を頭で考えてから、口で話す、のでははく、
まず、口を動かす(最初の一言を言う)、そして、話す内容を考える。

そうすることで、
うまく物事が回りはじめました。

話す内容が思いつかなかったら、
「Never mind」気にしないで、
って言って引き下がればいいだけなんです。

あの時出会った、
「ウザい韓国人」には、本当に感謝してます

 

5か月目:遊びに来た友達の観光案内が出来るくらいの英語力

大学の友達が、
夏休みに遊びにくることになりました。

5か月目までくると、
生活で困ることは、少なくなります。

日常使う簡単な表現で、自分の意見がでてこない、ということは、たまにしか無くなります

しかし、
英語の上達は一筋縄ではいかないもの。

話せる日があったと思ったら、話せない日がある、
そんな繰り返し。

嬉しかったり、
凹んだり、と忙しい時期ですね。

でも、大切なのは、
小さな成功体験でした。

つまり、
少しでも良いから、上手く話せた時に自分をほめてあげること。話せないときもあるけど、英語は少しずつ、確実に上達している、と言い聞かせることだと気づきました。

 

6か月目:海外赴任での不安はなくなる

6か月目までくると、
日常生活で問題になることは、ほぼ無くなります。
簡単な会話なら、問題なくこなせる様になります。

ただ、
ネイティブに早口でまくし立てられると、固まってしまいます。

生活は出来るけれども、いきなり違う話題をふられるとついていけない、
そんなイメージです。

初期と比較すると、成長を感じることが出来ると思います。

でも、
半年で英語を話せる様にはならなかったなぁ、というのが率直な感想です。

人にもよりますが、
半年で英語をマスターするなんて、はっきり言って不可能です。
回りの駐在者でも、そんな人はいません。

むしろ、
ある程度の英語力になったら、
そこから上達しない人の方が多いです。

なぜかと言うと、
・日常生活に最低限のことは話せる
・仕事で必要な表現は理解してる
からなんです。

以前、
シリコンバレーに海外赴任となった、会社社長の方がいたのですが、
英語について相談を受けたことがありました。

・英語力がないけど、大丈夫か
・どれくらいで何とかなるか

海外赴任の生活にとても「不安」を感じていました

そこでお話したのが、
とにかくアウトプットする大切さでした。

聞いた知識を、知識として留めておくだけでなく、
声に出してアウトプットする。
そうすることで、確実に英語力は向上します。

その会社社長の方はオンライン英会話で毎日英語の練習をしました。

毎日1レッスン、出来るときは、2レッスン。
海外赴任まで、半年しか準備期間がなかったですが、

・日常生活に最低限必要な英語力
・仕事で使う英語表現

をしっかりマスターして、赴任されて行きました。これらの表現を習得し、口から出せる様にするだけでも、海外赴任のスタートはとてもスムーズになります。

海外赴任が決まると、
やることが一気に押し寄せます。

・生活の準備も、仕事の引き継ぎも、パソコンの操作お覚えないといけない。
・日本で嫁とうまくいっていないのに、海外でやっていいけるのか
・日本でしているストレス解消を海外でも出来るのか
・こどもの学校はどうしよう

「不安だらけ」では、お先真っ暗ですが、
日常生活に使う「最低限の表現」をまずは記憶するのをおすすめします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

おしまいっ!

------------------------------------
僕は、
15年間、普通のサラリーマンでしたが、
突然、アメリカ駐在となりました。

昔は、
カフェで注文もできず、
女の子に助けてもらうくらい英語を話せませんでしたが、

独学で英語を磨き続け、
TOEIC で825点を達成し、
今では、アメリカ人と混じって、グローバルに活躍しています。

タピオカが英語を学び、
アメリカに駐在するまでの物語を下記の記事でまとめています。

>>タピオカの詳しいプロフィールはこちら


【体験談】TOEIC 825点 のアメリカ駐在員が断言!スタディサプリは神アプリ(なりきりスピーキング情報あり)

2018.02.24

【無料体験あり】レアジョブ英会話 レッスンを受けてみた感想・口コミ

2018.08.19

海外駐在のブログ記事まとめ!アメリカ赴任前に知っておきたい9つのこと。

2018.09.19

海外赴任に選ばれる人の特徴は?アメリカ駐在前に私がした5つのこと、赴任後にした2つの事。

2018.04.27

海外赴任 / 転勤に選ばれる人は左遷? 栄転? 出世するアメリカ駐在員に共通する特徴とは

2018.08.01

突然の海外赴任!海外に行くなら必ず持ちたい たった3つだけの心構え。

2018.07.14

英会話教室が恥ずかしい!社会人のための本気の英語勉強法3つ (家でも可能なオンライン学習)

2018.09.04

【記事を書いた人】

カリフォルニアに駐在する会社員 / TOEIC 825点 / 英会話教室を15年続けた経験を基に、本当におすすめのマンツーマン英会話を紹介しています。

「アメリカ駐在を不安なく、いかに楽しく過ごすか」がモットー / 理系国立大学を卒業 / 製造業エンジニア


アメリカ駐在までに日常会話を習得したい

アメリカ駐在まで3カ月しかない、何を勉強すべきか検討もつかない…。英会話スクールって、どこがいいのか分からない…。そんな疑問に、アメリカ駐在員でTOEIC800点越えの僕が答えます!おすすめ英会話スクールをすべてまとめました(^^)


Twitterでタピオカをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です