初海外で赴任|TOEIC 370点の俺がなぜ!? 漠然とした不安を解消する方法

海外赴任におすすめ英会話スクール

英会話スクールがたくさんあって、どこがいいのか分からない。オンライン英会話って効果あるのだろうか?そんな疑問に全力で答えました。

こんにちは!
タピオカ ( @Tapioka_TT ) in California駐在です。

僕は、39才、妻子持ちで初めて海外赴任に選ばれました。

 

海外赴任はある日、突然言い渡されますよね。えっ、俺!?TOEIC 370点だけど?という方もいらっしゃるかと思います。

不安で押し潰されそうになっているかもしれません。

 

友人のM君がそうでした。

 

赴任直後は、大変な思いをした様ですが、今では、部長職として立派に仕事をこなし、現地人からの信頼も得ることが出来ました。

海外赴任というのは、逆に考えるとチャンスなんですね。

 

この記事では、

アメリカに駐在し、日々ネイティブと仕事をしているTOEIC825点の僕が、

  • TOEIC 370点で海外赴任したM君の体験談
  • 海外赴任してから現地での苦労を最少限にするためにやること
  • 不安な気持ちを少しでも解消できる心構え

について、ご紹介していきたいと思います。

 

TOEIC 370点で海外赴任し、現地で部長をこなしている友人M君

M君は英語が苦手だ。全く話せない。

海外赴任が決定した後、日本で何の勉強もしなかったことを、今でも後悔している。

 

厳密に言うと、勉強しなかったのではなく、何をすれば良いか分からなかったのだ。

英語の勉強に対して、漠然としたイメージしか持ってなかった。

 

現地に赴任してからは、予想通り英語が全く通じない、聞き取れない、全く仕事がまない。

アメリカ人の発音、話すスピードは、TOEIC 370点では、全く対応できなかった。

 

日々、グーグル翻訳を頼りに、遅くまで仕事をこなす。どれだけ時間があっても足りない。

日々、送られてくる英語のメールの山が、ストレスで仕方なかった。

 

赴任後、半年で体重が10kg減った。

 

 

そんなある日、尊敬しているK先輩が会社を訪れた。

K先輩は違う拠点の駐在員で、英語が得意。憧れている先輩の一人。

英語の相談をしたところ、先輩は「 ネイティブキャンプ 」というオンライン英会話を紹介してくれた。

 

M君は衝撃的だった。

「これだけ英語ができる人でも、勉強をしているんだ…。」

 

それに引き換え、俺は自分の英語を伸ばす努力をしているだろうか、、、。と情けなくなってきた。

 

それからは、M君は心を入れ替えて英語の勉強を始めた。

 

英語は後天的なもの。

勉強を続ければ、少しづつでも確実に上達していく。

 

M君は、ネイティブキャンプの無料体験に申し込んだ。

でも、やる時間がない。会社では出来ないし、家に帰るのはいつも夜遅く。

そこで、M君が選んだのは「通勤時間を活用する」ということ。

 

ネイティブキャンプなら、レッスンの事前予約も不要だし、何回レッスンを受けても定額

10分のレッスン等も可能だ。

 

来る日も来る日も、オンライン英会話に励んだ。

そして、1年が経って、なんとか自分の意思を伝えれるまで成長できた。

仕事も回せる様になり、現地社長からの信頼も得た。

 

これからは、海外赴任という立場を100%活かして、自分を成長させていこう、そう新たに決意をしたのでした。

M君は日本で英語の勉強をしなかったことを、本気で後悔していました。

 

海外赴任の辞令がでてから2か月。

やれることはあったはず。後悔しても過ぎ去った時間は戻らないんですね。

 

関連記事【2019年】海外赴任 | 駐在におすすめ!短期特化型の英会話スクール12選(無料体験あり)

 

 

海外赴任が決まった後、日本で出来ること

海外赴任が決まった直後、先が見えないと漠然とした不安を感じますし、やる気も起こらないですよね。

基本的に人間は、外部からの刺激がないと、やる気がでない生き物なんです。

なので、不安を消すには、少しずつでも「行動」をしていくしかない。

 

例えば、日曜日家でゴロゴロしていると、全くやる気がしないですが、一歩外に出て太陽の光を浴びると、わくわくして出かけたくなりますよね。

そういう感覚です。

 

確かに、気分が落ち込んでいる時に無理に行動するのはストレスだと思うのですが、少しでも行動するのが大切ですね。

「少しでも」というのが重要です。

  • 英単語を1個覚える
  • 英語のフレーズを1個覚える
  • 無料体験の申込みをする
  • リスニングを30分やる
  • 英語のアプリを無料登録する

なんでも良いんです。

少しづつでも全然OK。間違いなく前に進めます。

 

 

ハンバーガーを始めて注文する人が、

  • Can I have a cheese burger combo?(チーズバーガーセットをください)
  • For here or to go?(ここで食べますか?持ち帰りですか?)

の意味を知っていれば買い物ができる様に、一つずつでも表現を増やしていくのが大切ですね。

海外赴任までの2か月間で日本できることを3つ紹介したいと思います。

関連記事【2019年版】海外赴任 | アメリカ駐在向け 準備・やることリスト保存版!

 

 

自己紹介のフレーズを覚える

まずは、自己紹介のフレーズを覚えます。自己紹介は必ずありますからね。鉄板フレーズとしては、このをフレーズを覚えれば大丈夫。

 

Nice to meet you John.My name is Taro.
初めまして、太郎です。

I’m looking forward to working with you.
一緒にお仕事出来るのを楽しみにしています。

別れ際には、こうやって言うと自然ですね。

Nice meeting you, John.
お会いできて光栄です、ジョン。

 

タピオカ
自己紹介におけるマインドセット、フレーズについては、こちらの記事でまとめていますので、ご参考に。

参考記事自己紹介を英語で!仕事で今すぐ使えるビジネスフレーズ20個まとめ

 

 

参考書を一冊完璧にする

次にやりたいことは、

最低限の英語表現と文法を習得する方法として、中学レベルの参考書を復習すること。

復習する、というイメージですね。

 

僕は英語の文法に興味はないですし、実際に英語を話す上で重要ではありませんが、最低限の文法は必要です。

本当に基本的な文法のみで、大丈夫です。

色んな参考書に手を出すより、一つの参考書を徹底的にやるのが効果的

 

僕も色んな参考書をやって、満足感を感じてた割に成績が伸びないことがありました。

そして、キレイに本棚に並べてしまう。

やったつもり、が一番危険なんですよね。

そこで、参考書の数をしぼって徹底的に勉強した結果、英語のスキルも向上したし、TOEICも825点を取れました。

タピオカ
一冊に絞るっていうのが、重要ですね。

 

 

仕事で使うフレーズを勉強する

仕事で使う英語表現というはの、実際限られています。ビジネスで使う英語というのは、

  • 決まった表現を使う
  • 砕けすぎた表現は使わない
  • 話題が決まっている

ということもあり、日常会話より簡単なんです。

日常会話は、

  • スラング、省略の連発
  • 話題があちこちに行く

ということもあり、実際難しいです。

以下の手順にて、英語フレーズを勉強していきます。

  1. 仕事で使うフレーズを書き出す
  2. フレーズを英語に変える
  3. 英語フレーズを何度も口に出して覚える

 

まずは、日本で仕事をする中で使う表現を全て書き出します

仕事での専門用語、見積もりを依頼する表現、部署名、部品の名前などは、図面を見て学んでもよいと思います。

 

そして、それを英語に訳します

参考書を見ながら、訳して、メモをまとめます。

その本の中の表現なら、空で言えるくらい、何度も口にするのです。

 

タピオカ
口にすることで記憶力が定着するんですね。

参考記事自動車 / 製造業エンジニアが使う技術英語を本気でブログにまとめたよ。

 

もし、英訳に困ったら、ツイッター ( @Tapioka_TT ) か、問合せページで連絡を下さい。僕が出来る最大限のお手伝いをさせて頂きたいです。

 

とはいえ、

仕事で使うフレーズを思い立つのは限界があるので、英会話スクールを使うのがおすすめです。

タピオカ
おすすめは、GABA英会話です!

GABA英会話なら、レッスンをカスタマイズし、自分の専門分野の英会話を繰り返し練習することが出来ます。

 

誤解を恐れずに言うと、英語は結局は暗記なのです。

出来るだけ多くの英会話フレーズに触れることが大切ですね。

参考記事Gaba 無料体験 | ビジネス英会話が効果的に上達し,あなたに起こる変化とは

 

 

海外赴任でアメリカ人と話す際、知っておきたいこと

次は、僕が実際に海外で働いて感じたコミニュケーションにおける大切なことを3つご紹介したいと思います。

 

英語が下手というだけで悪く思うアメリカ人は絶対にいない

英語が分からない状態で、異国の地に来て、頑張って仕事をしている人間に対して悪い印象をもつ現地人はいないです。

例えば、

自分の家に海外からホームステイで来たアメリカ人に対して、日本語が下手だなぁ…って、嫌な気分にならないですよね。

それと同じことです。

 

上手な日本語でなくても、その人の考えを聞きたいはず。

 

初めからスムーズにコミニュケーションを取れるというのは難しいかもしれませんが、

  • Good morning(おはよう)
  • How are you?(元気?)
  • Good night(お先に失礼します)
  • It’s perfect weather(天気最高だよね)
  • How was your weekend?(週末どうだった?)

といった簡単な会話から、少しずつでも現地人と馴染んで行くのが大切ですね。

 

腕を組んで話を聞くのは絶対にNG

日本人駐在員を見ていて、1番まずいなと思うのは、腕を組んで話を聞く人が多いこと。

見ていて、ドキドキしてしまいます。

 

腕を組むのは相手の意見を聞かないぞ、という守りの姿勢。

絶対にNGです。

 

アメリカで腕を組んで話を聞くのは、トランプ大統領くらいです(笑)

英語力の前に相手との距離は遠くなってしまいます。

タピオカ
その代わり、ポケットに手を入れて話すのは全く問題ありません。

 

 

英語を聞き返しても、相手は悪くは思わない

アメリカ文化においては、言葉が全てです。

分かりませんと言わない限り、相手の会話はどんどん進みます。

 

内容が理解出来なくなったら、必ず聞き返すことが大切。

  • I don’t understand(理解できません)
  • I beg your pardon?(もう一度言って下さい)
  • Can you rephrase it?(違う言い方をしてもらえますか?)

簡単に言うのであれば、Sorry?(語尾を上げながら)がおすすめです。

聞き返したからと言って嫌な気分になるアメリカ人はいないはず。

むしろ、理解してるフリをして進める方が良くないですし、お互いの信頼関係が崩れてしまいます。

 

タピオカ
アメリカと日本の文化の違いについては、こちらの記事でまとめています。

参考記事ハイコンテクストな日本人への海外の反応とは?空気を読むのはなぜ?

 

 

TOEIC 370点で海外赴任 | まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • まずは、必ずある挨拶のフレーズを学ぶ
  • 英語の基礎を繰り返し復習する
  • 仕事で使うフレーズを練習する
  • 日本とアメリカのコミニュケーションの違いを理解する

初めての海外だと、とても不安かもしれませんが、相手も同じ人間です。大切なのは伝えようとする意思です。

 

僕は1人で行った初めての海外がオーストラリアでしたが、英語が話せなくて本当に辛かった思い出があります。

  • 自分の意思を伝えられない
  • 年下の女の子に助けられる
  • 外人を見ると逃げたくなる
  • 理解しているフリをしてやり過ごす

そんな恥ずかしい過去もあります。

 

そんな中、タピオカが取った行動は「部屋にこもって考えてみる」でした。

今考えると、バカですよね。

「行動」をしない限り、状況は変わりません。

 

英語が上達しないまま何か月か過ぎた後、たどり着いた結論が、

「英語を耳で聞いて、口に出す」ことが英語を上達する最短の道だ、ということ。

言い換えると、英語を口に出して、一つずつでもフレーズを自分の物にすれば、1mmでも前に進んでいける、ということに気づいたのです。

 

どれだけ勉強しても、全く上達しなくて辛い時期もあったけど、

英会話スクールで、英語を聞いて口から出す大切さを分かった結果、英語が話せる様になって、良かったなぁということです。

 

なので、悩んで止まっているだけでなく、行動に移したいですね。

何かの行動をしないままだと、不安は消えることはないんです。

 

英会話の無料体験は、とてもお勧めです。受けるだけでも勉強になりますから。

タピオカ
無料体験は出来れば、2~3社は受けたいものです。

ここで行動できないと、現地に行っても行動できずに終わってしまいます。

少しずつでも良いので前に進むのが大切ですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

少しでも役に立ったと思ったら、ツイッター等でシェアして頂けると嬉しいです!

タピオカ ( @Tapioka_TT ) でした。

See ya !!

関連記事【体験記】レアジョブ オンライン英会話 無料体験を受けてみた感想まとめ

関連記事Gaba 体験記 | ビジネス英会話が効果的に上達し,あなたに起こる変化とは。

 


【記事を書いた人】

カリフォルニアに駐在する会社員 / TOEIC 825点 / 英会話教室を15年続けた経験を基に、本当におすすめのマンツーマン英会話を紹介しています。

「アメリカ駐在を不安なく、いかに楽しく過ごすか」がモットー / 理系国立大学を卒業 / 製造業エンジニア




短期間で日常会話を習得したい

英会話スクールって、どこがいいのか分からない…。通常スクールとオンライン英会話どっちがいいの?そんな疑問に、アメリカ駐在員でTOEIC800点越えの僕が答えます!アメリカ駐在におすすめ英会話スクールをすべてまとめました(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です