【15年エンジニアが言う】自動運転のすべて!実用化が生活に与える影響10個と自動化レベル6つのまとめ

アメリカ駐在におすすめ英会話スクール

アメリカ駐在まで3か月しかない…。英語を上達させたいけど、何を勉強すれば良いか検討もつかない…。短期間でビジネス英会話を上達させるための英会話スクールについて全力でまとめました。

こんにちは。

兵庫出身の会社員ブロガータピオカです!

タピオカは15年間エンジニアをやっていたので、テクノロジーの話は敏感です。

最近よく聞く話題の一つに、「自動運転」があるのではないでしょうか?
実際、「自動運転」になったら、わたしたちの生活がどうかわるのか?

今回は、「自動運転」についてお話をしたいと思います。

 

生活がどう変わるのか

自動運転が確立すると、生活における車の「使い方」がまったく変わります。
車の「定義」が変わるといっても過言ではありません。

移動するための「モビリティー」から、「生活空間」の一部へと変わります。

今まで、車の通勤に1時間かけていた人の場合、生活に1時間のゆとりが生まれます。

通勤時間があなたの自由な時間に生まれ変わるのです。読書をしてもいいし、たまっているテレビ番組を見てもいいでしょう。

仕事を通勤時間に進めることで、ゆとりがうまれ、早く帰宅することも可能でしょう。

「自動運転」は生活に自由時間を「プラス」するものなのです。

タピオカ
自動運転は何となく不安だなぁ…。

と、はじめは誰もがそう思うかもしれません。

それは、人間が「自動運転というシステム」になれれば済むだけの話です。

考えてみてください。

車を運転している時、こんなこと考えてますか?

  • ブレーキ踏んだら、ちゃんと止まるかなぁ
  • ハンドル切ったら、曲がるかなぁ。

いちいち不安にならないですよね?
車を信じ切ってますよね?

それと同じです。

例えば、車だって江戸時代の人にとっては信じられない乗り物です。

タイムマシンで連れてきて、車にのせると相当不安になるでしょう。

自動運転もそれと同じ。

技術が進化し、人がなれるだけの話です。

ちなみに、すでに自動運転になっている身近な乗り物があります。

何だと思いますか?

時速900km/hで地上10,000mを飛んでいるものです。
正解は「飛行機」です。

すでに自動運転で飛びまくってるんですよ。

「ゆりかもめ」だってハードルは低いですが自動運転ですね。

いつかは、皆が何も不安に思わず「自動運転」に乗る未来が必ずやってきます。

タピオカ
そうすると、世の中から事故はなくなるの?

すべての車が自動運転になれば、事故は0にできます。

ただし、自動運転への過渡期(自動運転とそうでない車が混在している場合)では、事故は起こりますよ。
確率が人間より、はるかに少ない。
事故の約9割は「ヒューマンエラー」つまり人間のミスにより生まれています。

自動運転は、「ヒューマンエラー」を「0」にすることが出来る。

自動運転による生活への影響はそれだけには、とどまりません。

それでは、順番に見ていきましょう。

自動運転とは

そもそも、自動運転の定義とは何でしょうか?

自動運転車(じどううんてんしゃ)とは、人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車。英語では「autonomous car」と表記される。引用:ウキペディア

運転をコンピューターが行うため、人は運転(一部、もしくは全部)から開放されることになります。

自動運転のレベルは以下の 5段階に定義されています。

テスラ、日産のオートパイロットはレベル2に相当します。

簡単に説明すると、以下の様になります。

自動運転レベル 「0~5」の定義

【レベル0】

すべての操作を運転手が行う、現状ですね。

【レベル1】

前後・左右の「いずれか」が自動制御となります。それぞれ、以下の様にとらえればOKです。

  • 前後 → アクセル&ブレーキ
  • 左右 → ハンドル操作(レーンキーピングアシスト)

【レベル2】

前後・左右の「両方」が自動制御となります。

【レベル3】

限定的な条件で、すべてのタスクが自動制御となります。ただし、自動車からの要望があれば、運転を交代する義務があります。

【レベル4】

限定的な場所(あらかじめ決められた道路等)ですべてのタスクが自動制御となります。運転手は、運転にかかわる一切のことをする必要はありません。

【レベル5】
すべての場所でタスクが自動制御となります。運転にかかわる一切のことをする必要はありません。

2018.4 現在では

世の中に出ているなかで、一番レベルの高いものはアウディの「レベル3」となります。

以下の条件において、アウディは自動運転を達成しています。

  • 中央分離帯のある自動車専用道路
  • 時速60 km 以下のみ
  • 単一レーンでのみ対応

『アウディが実用化した自動運転「レベル3」』

アウディが実用化した自動運転「レベル3」

引用:response

条件付きとはいえ、レベル3の自動運転車を発表したこと自体が、おおきな一歩ですね。

タピオカ
自動車専用道路が終わったり、60km/h以上になったらどうなるの??

運転状況が変わった場合は、運転手が操作をひきつぎます。

仮に運転手が寝てしまった!など緊急の場合には、ハザードランプを点灯し、車を安全に自動で停止させます。

今後、自動運転がどれだけ普及していくか楽しみですね!

まとめ
  • 自動運転とは、人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できること
  • 自動運転のレベルは6つに分けられる
  • テスラ、日産のオートパイロットはレベル2
  • アウディがレベル3を発表済

生活への影響

それでは、自動運転が「生活に及ぼす影響」を見ていきましょう。

運転をする必要がなくなる

当たり前ですが運転をする必要がなくなります。 そうすると長距離運転がとても楽になります。
移動時間が、全てあなたの自由な時間となるわけです。

  • 映画を見る
  • 景色を楽しむ
  • 宴会をする
  • 家族と UNO を楽しむ

何をしてもOKです。

もちろん、運転したい時には運転もできます。

今まで運転に縛られていた時間が、「自由時間」としてあなたの生活に追加されるのです。

タピオカ
なんか、得した感じ!

車の遊休時間を減らせる

車が自動運転になると、遊休時間を活用できます。

タピオカ
どういうこと??

自動車はその90%以上の時間が、ただ「駐車している」つまり何もしないで止まっているだけです。

自動運転ができるようになれば、その「駐車しているだけ」の時間を減らすことが出来る。

例えば 、以下のような使い方が可能になります。

  • 旦那さんが車で出勤し、その後車は家にもどす
  • 日中は奥さんが、買い物・趣味につかう
  • 夕方になったら、車を会社まで走らせて、旦那さんが帰宅

車がただ「駐車しているだけ」の時間が劇的にへらせることが分かってもらえたかと思います。

今まで2台車を持っていた家庭は、1台で済むようになるでしょう。

遊休時間を活用して稼ぐ

遊休時間を活用して、お金を稼ぐことだってできます。

例えば、カーシェアリングのネットワークに登録すれば、こんなことが出来ます。

  1. 車が空いてる時間を登録する
  2. 車を使いしたい人がアプリで予約する
  3. 車が自動運転で、予約した人を迎えに行く
  4. 目的地までのせていく
  5. 役目がおわったら、もとの駐車場所へ
  6. つかった分の利用料金が車の持ち主に入る

今まで車を「駐車してるたけ」だった時間を活用し、ビジネスができるわけです。

実際に、テスラはこのカーシェアリングの構想を発表しています。

『テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に』

テスラカーシェアリング

引用:レスポンス

ライトシェアの「ウーバー」であったり、「エアビーアンドビー」に代表される、『空き時間を活用する』という発想ですね!

タピオカ
いつかは、テスラ乗りたいなぁ。乗れるかなぁ…。

駐車場を心配する必要がなくなる

今まで駐車場がなくて車で行けなかったお店やレストランなどに行けるようになります。

目的地まで車で送ってもらい、そこで車を乗りすてます。

あとは、買い物楽しむだけです。

買い物の間、自動車は家に帰ってもいいでし、近くのチャージステーションで充電をしててもいいでしょう。

止まる場所がなければその辺りをくるくる走っていてもらえれば OK なわけです

車を持つ必要がなくなる

そもそも車を所有する必要がなくなります
自動運転とカーシェアリングが普及すれば、アプリで予約して、必要な時だけ使うという生活が可能です。

車にはらう高い税金も、駐車場代も、盗難される心配も、全く不要になるわけです。

タクシー代が安くなる

自動運転タクシーが登場すると劇的に安いタクシーが登場します。

タクシー料金のほとんどは 人件費です。
タクシーを自動化することによって利用料金が1/4になるという試算もあります。

物流への影響

生活以外にも物流に大きな変化をもたらします。

通販が安くなる

自動運転の車を使うことによって Amazon に代表されるインターネット通販が安くなります。

これは「物流費」にかかっていた人件費がなくなるためです。

また自動運転なので、荷物を運ぶタイミングを細かく指定することが可能。

車が来たらスマホをかざすと専用BOXがひらき、荷物を受け取れる。

そんな未来はすぐそこまで来ています。

このコンセプトは実際に、クロネコヤマトが「ロボネコヤマト」という臨床実験を進めています。

ロボネコヤマト『次世代物流プロジェクト』

自動運転の実験をするロボネコヤマト

引用:ロボネコヤマトHP

タピオカ
これは、会社員にはうれしいね!

輸送トラックが安くなる

長距離トラックが自動運転になることにより、荷物を運送する費用が安くなります。

自動運転によって、トラックを何台もならべて走らせるような、「 隊列走行」も可能になります。
物流効率が一気に向上し、輸送コストが劇的にさがります

ビジネスのへの影響

サービスのありかたが変わる

自動運転により、サービスのありかたが変わります。

今までは、自動車という商品を売っていくだけのサービスでした。

しかし、今後は自動車を売ってから、いかにお客さんにサービスを提供するかという形に変わっていきます。

運転する必要がなくなるので、車内でのエンターテインメントを提供する必要が出てくるのです。

具体的には以下のようなサービス考えられます。

  • 映画や音楽などの娯楽を配信する
  • おすすめのレストラン などを紹介する
  • 自動車のメンテナンス時期をおしらせする

これらのサービスを自動車に搭載されたプログラムで楽しめるようになっていきます。

もはや、車を売ってからが勝負!という時代がやってくるということです。

自動車業界の構造が変わる

自動運転なるともちろんEV(電気自動車)が使われます。

なぜかというと自動運転では「走る・曲がる・止まる」という動作を細かく制御する必要があります。

それには、電気自動車の制御の相性がとても良いでわけです。

車が電気自動車に変わるとどうなるか?

ガソリンエンジンに必要だった以下の様な部品が不要になります。

  • エンジン
  • ミッション
  • ガソリンタンク
  • マフラー
  • ラジエータ

これらの部品は実に全体の4割をしめています。

自動車産業は、自動車メーカーの下に1次取引先がいて、その下に2次取引先がいて…。

というピラミッド構造になっています。

これらの構造が完全に変わってしまうということ。

なかなか衝撃的ですよね。

タピオカ
父ちゃん仕事なくなってまうかも…。

新しい産業が増える

EV になることによって消えていく産業もありますが、 新しく生まれていくものもあります。

例えば、以下のようなもの。

  • バッテリー
  • モータ
  • コントローラー類
  • DC DC コンバーター

EVの普及には、安いバッテリーがとても重要になってきます。

そうすると多量に生産しているメーカーが有利になるので、とんでもない規模の電池工場が出来上がってくるでしょう。

これはテスラのギガファクトリーに代表されるビジネスモデルです。

「 テスラギガファクトリー 」

テスラギガファクトリー

テスラの計画では、この工場におけるバッテリーの年間生能力は35GWhとなります。1 GWhは、1時間に10億ワットの電気を発電 (あるいは消費) することと同等です。この生産量は現在全世界で生産されているバッテリーの合計量に及びます。引用:テスラジャパンHP

この工場だけで、世界中でのリチウムイオンバッテリーの供給量をまかなえるとのことです。
バッテリーコストは生産量に比例してやすくなるため、この様なビジネスとなるわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自動運転による生活、ビジネスへの変化がわかってもらえたかと思います。
自動運転はまちがいなく、私たちの生活を豊かにします。
そんな未来がすぐ、そこまで来ているのです。

まとめ
  • 自動運転により、人々が使える時間が増える
  • 車内でもエンターテインメントを提供する必要がある
  • 自動運転によりなくなるビジネス、新たに生まれるビジネスがある
  • EVの普及のカギは、バッテリーの価格
  • 物流業界にも大変革が起こる
------------------------------------
僕は、
15年間、普通のサラリーマンでしたが、
突然、アメリカ駐在となりました。

昔は、
カフェで注文もできず、
女の子に助けてもらうくらい英語を話せませんでしたが、

独学で英語を磨き続け、
TOEIC で825点を達成し、
今では、アメリカ人と混じって、グローバルに活躍しています。

タピオカが英語を学び、
アメリカに駐在するまでの物語を下記の記事でまとめています。

>>タピオカの詳しいプロフィールはこちら



【記事を書いた人】

カリフォルニアに駐在する会社員 / TOEIC 825点 / 英会話教室を15年続けた経験を基に、本当におすすめのマンツーマン英会話を紹介しています。

「アメリカ駐在を不安なく、いかに楽しく過ごすか」がモットー / 理系国立大学を卒業 / 製造業エンジニア


アメリカ駐在までに日常会話を習得したい

アメリカ駐在まで3カ月しかない、何を勉強すべきか検討もつかない…。英会話スクールって、どこがいいのか分からない…。そんな疑問に、アメリカ駐在員でTOEIC800点越えの僕が答えます!おすすめ英会話スクールをすべてまとめました(^^)


Twitterでタピオカをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です