【体験記】レアジョブ オンライン英会話 無料体験を受けてみた感想まとめ

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block; text-align:center;”
data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-9639869954654805″
data-ad-slot=”1008556070″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

こんにちは。
タピオカです。

突然ですが、
オンライン英会話の「レアジョブ」という名前を聞いたことはありますか?

レアジョブは、
会員数50万人、登録企業1700以上、
4000名もの英会話講師が登録されている、オンライン英会話です。

レアジョブでは、
自由にレッスンの予約・キャンセルが可能で、
自分の生活スタイルに合わせて、
英会話のスキルを向上させることが出来ます。

また、
1レッスンあたり「65円~」という低価格というのも、驚きですね。

今回は、
レアジョブ英会話の魅力について、とことん迫って行きます!

レアジョブの深~い世界が待ってますよ。
これを読んだあなたは、すぐに無料体験に、申し込んでしまうこと間違いなしです。(^^♪

25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

ワールドビジネスサテライトや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介された英会話

 

レアジョブ英会話体験①:海外赴任に即戦力で使える英語を学べる

先日、
シリコンバレーで新会社を立ち上げた社長Kさんに、コンサルをさせて頂いた時の話です。
レアジョブの話で、とても盛り上がりました。

物語風でとうぞ
〜〜〜~~~

30代後半のKさんはシリコンバレーで会社を立ち上げることになった。
赴任は4か月後。

今まで、通常の英語教育はやってきて、
英語の読み・書きは問題ないが、英語を話すことは得意でない。

ましてや、
現地社員の管理や、
自分の意見を英語で言える自信はない。

Kさんは、
レアジョブに登録し必死に英会話を練習することにした。

最初は全然話せなかった。
この調子では、
現地に赴任しても全く実力が発揮できそうにない。

ほんとうに悔しかった。

赴任の日も近づいて来てるのに、
なかなか上達しない。

これから、
現地の責任者となるのに、
こんな英語力で大丈夫なのだろうか…。

もどかしい日々が続いた。

海外赴任の準備、
新会社設立のための調整、
やることは山ほどある。

それでも、レッスンは続けた。
忙しい中でも、
英語力を向上したかったから、レッスンを休む、ということは無かった。

毎日1レッスン、出来る時は、2レッスン。

でも、やっぱり上達しない。
そこで、Kさんは考えた。
割り切って、
使う英語表現を絞ることにしたのだ。

練習するのは「自分が担当する仕事の内容」これだけにした。

自分が会社に入ってから、何をしてきたのか。
今、どんな仕事をしているのか。
なんの為にしているのか。

反復して何度も、同じ説明をした。
すると、だんだんと、
英語が口からスムーズ出る様になっていった。

レアジョブを始めてから、2ヶ月、練習の効果は明らかに現れてきた

同時に、
英語を話すのが楽しくなってきた
Kさんは海外赴任へ向けて、徐々に自信をつけていく。

多忙なKさんにとって、
自分の予定に合わせてレッスンの予約・キャンセルが自由に出来るレアジョブは、最適だったのだ。

そして、
この反復練習で身につけた表現が、
海外赴任後にとても役に立つこととなった

物語終わり〜〜〜

 

レアジョブのメリットは、
なんと言っても、レッスン時間の柔軟さです。海外赴任前の忙しいタイミングでも、集中して取り組めるのは助かりますね。

プライベートレッスンにて、英語を話す練習を出来るので、
失敗しても恥ずかしくないし、
間違いなく成果を得ることが出来ます。

それでは、
レアジョブで無料体験をするのに何を準備するかについてお話します。

25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

ワールドビジネスサテライトや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介された英会話

 

レアジョブ英会話体験②:何を準備する必要があるか

レアジョブでの事前登録と、
スカイプが出来る環境、
これだけです。

簡単ですね。
一つずつ見ていきましょう。

 

レアジョブでの事前登録

レアジョブの申し込みページにて、
・名前
・メールアドレス
・ニックネーム
・Skype名
・レッスンの事前予約
を行います。

あとは、Skypeがかかってくるのを待つだけです。

 

講師を選ぶことが出来る

登録されている4000名の講師から選ぶことが可能です。

条件としては、
年齢、性別、講師の経験年数、日本語が話せるか、学部・学科、初心者対応が可能か、等など、
かなり、詳しく絞ることが出来ます。

事前に発音を聞くことが出来るのがレアジョブのいい所。発音のなまりが気になる方にも安心ですね。

講師を選ぶ画面はこんな感じです。

表示されている時間が予約可能な時間です。

時間を決めたら、予約ボタンを押して完了です。

 

わたしの最初のレッスンですが、
これが意外と緊張しました…。

21:30にレッスンを予約したのですが、
娘を寝かしつけるのが、21:00頃。
ずっと頭から離れなかったですね(笑)

娘を寝かしつけしながら、
どんな講師なんだろう、何を話すんだろう…。

考えていると「ドキドキ」
以外と小心者なんですね〜。

おっと、話がそれましたが、次に行きましょう。

 

スカイプ出来る環境を準備する

Skypeの出来る環境と言っても、
・Skypeの登録
・ネットの回線の準備
これだけです。

Skypeを使われていない方もいるかもしれませんが、イメージとしては、LINEのビデオ通話と同じです。

 

レアジョブ英会話体験③:どんな流れでレッスンを行うのか

レッスンは以下の流れで進んで行きます。

  1. 自己紹介
  2. レベルチェック(講師が質問をしてきます)
  3. 仕事は何などの会話(無料レッスン1回目は教材は使いません)
  4. 日本を観光するならおすすめは、などの会話(レベルによって内容が変わります)

その後、2回目以降は、教材を使用したレッスンとなります。

レッスン後に、
講師からのレビューが届きます。

レポートの説明:
・単語フレーズ
 →レッスンで出てきて、意味が分からなかった単語を教えてくれます。
・レッスンメモ
 →必要に応じて、自分のメモを残すことが出来ます。

25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

ワールドビジネスサテライトや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介された英会話

 

レアジョブ英会話体験④:オンライン教室のメリット・デメリット

レアジョブ英会話のメリット・デメリットについて、考えてみました。

 

メリット

  • レッスン料の安さ(129円~/レッスン)

何といっても、レッスン料の安さが魅力ですね。
レアジョブ英会話の運営自体が、Skypeでオンラインで完結していて、事務所、教室等を持たず、運営費を最低限におさえているのです。

  • レッスン時間の制限がとても少なく自由

自分の生活スタイルに合わせて、
柔軟にレッスン時間を変更することが出来ます
レッスンの予約は「5分前」まで可能、キャンセルは「30分前」まで可能です。

  • チャット機能があり、レッスン中に使用できる

レッスンを受けながら、
リアルタイムで講師をチャットが出来ます。
会話が続かない時や、聞き取れない単語があった時に、チャット見ながら進めれるのは、助かりますね。

  • 講師のフィリピン人がとても親切

フィリピン人はみな、国民性として親切です。
講師はフィリピン大学出身(日本でいう東京大学)の学生。
ノンネイティブで世界一の英語力を有していることや、第二言語として英語を使っている悩みを理解してくれることは、ありがたいですね。

 

デメリット

  • 強制力がない

オンライン英会話は、
自発的に予約し、
レッスンを受ける必要があります。

強制力がないので、
継続出来るかは、自分のやる気次第なんですね。
サボろうと思えば、いつでもサボれてしまいます。

  • 自分に合う講師を見つけるのが大変な場合がある

講師の数が多いだけに、
色んなタイプの講師がいます。

講師のプロフィールや経験を確認し、自分にあった講師を選びたいものですね。

25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

ワールドビジネスサテライトや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介された英会話

 

レアジョブ英会話体験⑤:まとめ

レアジョブ英会話は、
オンラインで1対1の会話なので、仮に失敗しても恥ずかしくないし、リスクも有りません。気になる方には「 無料体験 」をお勧めします。

日々の生活スタイルに合わせてレッスンを予約し、
集中して英会話を話す練習をすることが出来ます。

仕事で必要な表現を一気に覚えてしまえるのは、とても魅力です。

自発的にレッスンを予約して受ける、というのもポイントです。英会話は、自分から話そうとしない限り、上達はしない、ということですね。

以上です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
では、またっ!

------------------

わたしは、
すき間時間を使った勉強だけで、TOEICで825点を達成しました。

理系国立大学を卒業し、
製造業エンジニアとして働き始めましたが、

残業が多く時間がなかったため、机に向かう勉強は一切しませんでした。

英語が上手くなりたい、という憧れがずっとあったため、

しかし、今の生活の中で英語を上達させる方法を必死に考えたんです。

元々、内向的な性格で、
日本語でさえ無口な方なのに、英語で議論なんかムリだと、
勉強を諦めようと思ったこともあります。

それでも、
工夫して勉強を続け、
ようやく英語が話せる様になりました。

タピオカが学び知識を得て、TOEIC825点を取るまでの過程を下記の記事では公開しています。

>詳しい自己紹介はこちら!<






Twitterでタピオカをフォローしよう!