突然の海外赴任!海外に行くなら必ず持ちたい たった3つだけの心構え。

アメリカ駐在におすすめ英会話スクール

アメリカ駐在まで3か月しかない…。英語を上達させたいけど、何を勉強すれば良いか検討もつかない…。短期間でビジネス英会話を上達させるための英会話スクールについて全力でまとめました。

こんにちは。
タピオカです。

先日、
会社の同期が海外赴任となりました。
彼はどちらかと言うと、控えめなタイプで、英語は苦手です。

英語も話せないし、
家族の生活もやっていけるか、
病気になったら、どうすればいいのか、
新しい職場になじめるか、

不安は尽きない様子でした。

不安すぎて、冷静な思考も出来ない状態でした。

突然の海外赴任って、
いろんなイベントが重なりますよね。

実はわたしも、
海外赴任のタイミングで、父親の調子が悪くなりました。本当に突然に。

フライトの四日前が手術。

母親を通して病院の先生の話を聞くと、良い話が出てこず、心配でしかたありませんでした。

こんなタイミングで、
しかも自分の家を継がず、海外赴任するのは、親不孝なのかな.…。

色んな思考が頭を巡って、
悲しくて、涙が止まらないこともありました。

しかし、
海外赴任が決まったことを父親に伝えた時の嬉しそうな表情は、
まぶたの裏に焼き付いています。

父親は、
わたしが仕事で活躍しているのが嬉しかったみたいです。

精一杯、日々の仕事を頑張っていこう、そう思ったのでした。

ちょっと、
話がそれてしまいましたが、

海外赴任まで2か月だとしても、やれることはあるんですね。

まずは、海外赴任にあたり
最低限できる準備として、
現地を理解するのが大事。すると、現地人との生活をスムーズに始めることができます。

深い知識である必要はなく、
ガイドブックにある様な、一般的な知識で大丈夫です。

海外赴任する国の話題を、とっかかりにして話をすると、
現地人と打ち解けるのが早くなります。

現地人と触れ合ってみて、一番感じることは、
お互いの存在を、まず受け入れることが大切ということ。

現地人に英語で技術を教えなければならない立場かもしれません。

英語が不安かもしれませんが、
言葉より大切なことがあるんです。

心に壁を持っていなければ、多少言葉が不自由でも理解しあえる、ということです。

結局は、お互い人間ですから。

現地人は、
英語が上手な人ではなく、現地人のことを理解し、寄りそい、問題を共に解決しようとしてくれる人を期待しているんですね。

今回は、
海外に現地人とのコミュニケーションにおいて、大切なことについて、まとめました。

 

今回は、
心がけについての記事なので、具体的に英会話のスキルを短期間で向上させる方法については、以下の記事をご覧ください。

海外赴任|英語が話せないからマジやばい…駐在までにやるべき事5選

2018.09.18

 

 

突然の海外赴任やること①:現地の文化・歴史を理解する

現地でのコミュニケーションをスムーズにするため、
欠かせないのは、
現地の文化・歴史を理解することですね。

本当に簡単なことを知っておくだけでも違います。

わたしの会社にも、海外から研修生がきますが、
「富士山」とか、「お寿司」の話とかについて、
海外の人から話題を出されると、すぐに打ち解けるんですよね。

例えば、
赴任先でトウモロコシの栽培が有名なら、その話題を話してみるとか、
有名な産業があるなら、それを調べて話してみるとかすれば、間違いなく盛り上がります

勉強するのは、
「地球の歩き方」とかで十分です。
現地の情報や歴史を知れるし、観光地などの情報も載っていますしね。

現地の基礎知識は、持っていた方が良いってことです。

現地人は、英語が話せないとしても、
自分の国の文化を受け入れてくれる人に対し、間違いなく好感を持ちます

 

突然の海外赴任やること②:言葉より大切なのは気持ち

英語は間違えても良いから、どんどん口から発することが大切ですね。

でも、これが以外と出来ない…

日本の英語教育だと、
・正しい文法でないといけない
・正しい発音がすばらしい
という思考になってしまっているため、

間違いを犯すことを恐れて、結果英語が話せないのです。

わたしが、オーストラリアにいた時の話ですが、
めちゃくちゃな英語で乗り切った話をご紹介したいと思います。

カメラを現像するため、お店に出したのですが、
帰ってきたのは破れたフイルムの欠片のみ。
(当時はスマホなんでもちろん無く、フィルムのカメラでした…。)

明らかに、
お店のミスでフィルムが破れてしまったのです。

フィルムには、
英語学校の時の写真とか、旅行の思い出がいっぱい。
本当に悲しかったし、悔しかった。

その時、
頭の中にある限りの英語力を使って、
文句を言いました。

「ディス インポータント! アポロガイズ ミー!」

*アポロガイズは、正確には “apologize” という単語で「謝る」という意味。アポロジャイズ、が正解です。

発音すらむちゃくちゃだった。

むちゃくちゃなのは分かってたけど、
何としてでも伝えたかった、本当に大切なフィルムだったから

30分くらい抗議して、相手も理解してくれました。
なぜか、お互いスッキリして、
最後は握手して帰ってきました(笑)

その時感じたのは、
まずは、口から英語を発して、自分の意志を伝えることが、死ぬほど大切だ、ということです。

当たり前だけど、恥を捨てないと、
なかなか出来ないこと。

「恥も知らず、しゃべりまくる人は上達が速い」
これは間違いない。

文法が間違っていたって、
TOEIC の点数が低くたって、関係ないんです。

コミュニケーションで一番大切なのは「心」なんですね。

 

突然の海外赴任やること③:人生が終わる訳ではないと考える

ぶっちゃけ、
海外赴任に行って、英語を話せないとしても、
人生が終わる訳ではないです

逆に、
それくらい、開き直って行った方がうまくいきます。(そう言われても、難しいかもしれないですが、、、)

頑張りすぎて、
うつになったり、ストレスで痩せたり、太ったり、
調を崩したりするのは本当に悲しい

わたしは、
現地の取引先に行った時、
現地の言葉しか通じなくて絶望したこともあるけど、
身振り手振りを交えれば、
なんとかなりました。

現地人との触れ合いを通じて感じたのは、
言葉の前にお互いを理解しようという気持ち大切、ということでした。

 

突然の海外赴任に向けての対策まとめ

海外赴任する目的は、
英語ではなく仕事をすることです。

仕事は、現地人の助けがないと絶対に出来ません。

現地の文化をしっかり理解し、
お互いを尊重し、助け合いの気持ちを持てば、何とかなる、ということですね。

海外赴任がスムーズに始めれる様に願っております。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

おわりっ!

------------------------------------
僕は、
15年間、普通のサラリーマンでしたが、
突然、アメリカ駐在となりました。

昔は、
カフェで注文もできず、
女の子に助けてもらうくらい英語を話せませんでしたが、

独学で英語を磨き続け、
TOEIC で825点を達成し、
今では、アメリカ人と混じって、グローバルに活躍しています。

タピオカが英語を学び、
アメリカに駐在するまでの物語を下記の記事でまとめています。

>>タピオカの詳しいプロフィールはこちら



【記事を書いた人】

カリフォルニアに駐在する会社員 / TOEIC 825点 / 英会話教室を15年続けた経験を基に、本当におすすめのマンツーマン英会話を紹介しています。

「アメリカ駐在を不安なく、いかに楽しく過ごすか」がモットー / 理系国立大学を卒業 / 製造業エンジニア


アメリカ駐在までに日常会話を習得したい

アメリカ駐在まで3カ月しかない、何を勉強すべきか検討もつかない…。英会話スクールって、どこがいいのか分からない…。そんな疑問に、アメリカ駐在員でTOEIC800点越えの僕が答えます!おすすめ英会話スクールをすべてまとめました(^^)


Twitterでタピオカをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です