【本_要約】科学的に正しい英語勉強法 byメンタリストDaigo は心からおすすめの一冊(ネタバレ有注意)

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block; text-align:center;”
data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-9639869954654805″
data-ad-slot=”1008556070″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

こんにちは。
タピオカです。

この記事を読まれているということは、
「正しい英語の勉強方法」をお探しかと思います。

結論から言うと、
「科学的に正しい英語勉強法 by メンタリストDaigo」をすべて読んで実践すれば、
あなたの英語勉強の効率は飛躍的に向上します。

科学的に正しい英語勉強方法をすすめることで、
最短経路で英語を習得することができます。

わたしは、
会社員として残業も多くこなしながら、
TOEIC  825点を取りました。

今ではバイリンガルとして、
仕事でネイティブとメールや電話会議をこなし、
海外出張も年間150日ぐらい行きます。

しかし、昔は
英語の勉強方法に、
確固たる自信はなかったんです。

勉強しても勉強しても、英語が上達しない、
覚えたはずの単語も、すぐに忘れてしまう…。

頭が真っ白になって、英語が出てこない、
外人を見かけたら、目を合わさない様にする…。

そんなことは、当たり前でした。
本当に悔しかった…。

今まで、
たくさんの英語勉強法を試してきましたが、
この本出会って確信したのが、
根本的な考え方が間違っていると、
英語の勉強効率はとても悪くなる、ということです。

この本は久々に、
わたしの常識をくつがしてくれました。

日本人がなぜ英語を話せないのか?
この質問に対する答えが、すべてこの本の中にあります。

自分の英語勉強方法は正しいのか?
この疑問をすべて解決してくれます。

 

科学的に正しい英語勉強方法を知ることで、
英語を勉強すればするだけ上達するので、
英語の勉強が楽しくなります。

わたしも、
英単語の記憶力も、飛躍的に向上し、めっちゃ嬉しかった
です。

勉強量と比例して、周囲からの評価も上がるので、
自己実現を達成するスピードが、各段に上がります。

 

・正しい英語勉強法を知りたい
・長く勉強しているに英語を話せない
・単語を覚えてもすぐ忘れてしまう

これらの中で一つでも当てはまっていれば、
この本の内容を確実に実践することで、英語勉強の効率が飛躍的に向上します。

 

海外駐在のブログ記事まとめ!アメリカ赴任前に知っておきたい9つのこと。

2018.09.19

【体験記】レアジョブ オンライン英会話 無料体験を受けてみた感想まとめ

2018.08.19

【体験記】英語学習の新定番「英語スタディサプリENGLISH」まずは無料体験  

 

科学的に正しい英語勉強法とは何か

本の構成としては、
英語に対して自信の無い理由を理解し、
自分にあった対策や勉強方法を確認しながら進んでいきます。

この本の目次は以下になります。

  1. 日本人が英語を話せない英語力以前の理由
  2. 英語無しで「会話」するには?
  3. 日本人の英語学習の勘違い
  4. 学習法を変えれば劇的に効率が上がる
  5. 学習のハードルを下げるスマホ活用法
  6. ビッグファイブ分析による性格別・学習戦略
  7. すぐに試せる英語学習ツール

科学的に正しい英語勉強法

科学的に正しい英語勉強法①:日本人が英語を話せない理由

日本で、
英語が喋れる人の方はごく少数派です。

なぜ日本人は英語は喋れないのか?
理由としては以下の様なものが挙げられます。

 

英語を話す自信が無い

慣れない外国人に対して自信が出ないのは当たり前です。
まずは、友達を作り英語に慣れていくことが大切です。

いろんな人と英語のコンサルをしいて思うことは、
謙虚な日本人の性格が、余計に英語を話すのさまたげているんですね。

誰もが、
自分が思っているより英語が話せる、ということです。
中学校から英語は勉強しているので、
それなりの知識はある。
あとは、その知識をどうやって使うかだけ。

わたしは、今でこそTOEICは800点を越えてますし、ネイティブとの問題なく英語を話せますが、やはり昔は自信が無かったですし、自信がないせいで、とても損をしていたと感じます。

 

アウトプットを練習する英語勉強法になっていない

これはかなり致命的です。

日本の教育だと、
英単語を覚えたり、
文章を読んだりはするのですが、
絶対的にアウトプットが足りていないのです。

バッティングの理論だけを詰め込んで、
いきなりバッターボックスに立ってホームランを打て!
と言っている様なものです。

本の中では、
多少、粗療法的に英語をアウトプットする方法等を紹介しています。

アウトプットを重視する様になると、英語のスキルが飛躍的に向上します。

 

英語を話す機会がない

日本は単一民族国家なので、
あまり国籍の違う人や移民と触れ合う事が無いですよね。

これは、島国のデメリットです。

英語を喋れないといけない状況に追い込むのも有効ですね。
例えば、留学してしまうとか。

留学したいけどお金ない! 社会人が成長するたった一つのきっかけとは。

2018.08.21

本の中では、
ノンバーバルな意思疎通(表情やジェスチャー)についても言及しています。
コミュニケーションの本質はお互いに理解し合うことですからね。

ビジネスなら話は別ですが、
通常のコミュニケーションであれば、お互い通じ合えば何でもOK だと思います。

タピオカ
コミュニケーションは、心と心のかけ橋!

 

【体験記】レアジョブ英会話 無料レッスンを受けてみた感想まとめ

 

科学的に正しい英語勉強法②:英語を覚えれない理由

長く英語を勉強しているのになかなか上達しない、
単語を覚えれない等の原因は、
そもそも日本の教育の方法にあります。

 

日本の英語勉強法は効率が悪い!?

  • 単語は何度も反復してインプットする
  • 忘れないうちに復習する
  • インプットが多くアウトプットがない

これらの学習法は科学的に言うと、実はとても効率が悪いです。

脳に物事を記憶させたい場合、
負荷をかける必要があります。

負荷の低い反復練習や、
脳に刺激の少ないインプットばかりの勉強というのは、
時間の割に効果がありません。

負荷をかけると確かにしんどいです。しかし、考え方としては、短期的にしんどい思いをして英語を習得するのと、楽だけど時間がかかって英語を習得できないのどっちがいいかということです。

苦い薬でも一瞬で飲んでしまえば苦いのは忘れますよね。それと同じだと思います。本の中では、そんな勉強法を紹介しています。

 

忘れないうちに復習する英語勉強法はNG

物事を記憶に残すために、
復習をするタイミングも考えなければなりません。

基本的には、
『高い負荷をかけて思い出す』ことを、繰り返すことで記憶は定着します。

忘れる前から何度も思い出しても、
脳に刺激的にはならないし、
記憶には定着しづらいです。

科学的に正しい英語勉強法の中では記憶が脳に残る仕組みまでを細かく説明してあります。

 

【体験記】英語学習の新定番「英語スタディサプリENGLISH」まずは無料体験  

科学的に正しい英語勉強法まとめ

現代では、
スポーツにも科学的なアプローチが適用されています。もはや根性で何でもやる昭和時代ではないのです。

何事も理論を持って最短距離で達成していきたいと、この本を読んで改めて思いました

日本の英語勉強法に疑問を持たれているのであれば、間違いなくこの本の内容に共感できます。

英語の学習には効率は最も大切です。同じものを達成するまでの時間は早い方が良いに決まってますよね。

『時は金なり』

間違った勉強法では上達しません。
お金で変えない『時間』という大切な物をいつまでも失う事になってしまいます。

これから英語を勉強しようという方も、
すでに英語の勉強を継続されている方も、
今一度自分の学習方法を見直すことで、学習の効率が全然変わってきます。

>>科学的に正しい英語勉強法

タピオカ
わたしは、
英語の勉強を本格的に始める前にこの本に出会いたかったです。
------------------

わたしは、
すき間時間を使った勉強だけで、TOEICで825点を達成しました。

理系国立大学を卒業し、
製造業エンジニアとして働き始めましたが、

残業が多く時間がなかったため、机に向かう勉強は一切しませんでした。

英語が上手くなりたい、という憧れがずっとあったため、

しかし、今の生活の中で英語を上達させる方法を必死に考えたんです。

元々、内向的な性格で、
日本語でさえ無口な方なのに、英語で議論なんかムリだと、
勉強を諦めようと思ったこともあります。

それでも、
工夫して勉強を続け、
ようやく英語が話せる様になりました。

タピオカが学び知識を得て、TOEIC825点を取るまでの過程を下記の記事では公開しています。

>詳しい自己紹介はこちら!<






Twitterでタピオカをフォローしよう!